発売されて(いつもの金欠のお陰で)なかなか購入出来なかった(苦笑)リッキー・ウォーウィック率いるブラック・スター・ライダーズの3rdアルバム「HEAVY FIRE」をようやく手に入れた。
前作は今でもたまに聴いてるくらい結構なお気に入りだったので、今回も凄く期待してたから直ぐにでも欲しかったんだけど、いつも購入しているジョーシンのネットショップの¥200クーポンが発売日過ぎてもなかなか出てこないから待っていて、やっとクーポンが出たと思ったら在庫なし状態...というのが数回続いたので、今まで手に入れられなかったと(笑)。セコイと思われてもやっぱ少しでも値引き率があると消費者としては嬉しいモノだし、新譜CD自体なかなか値引くトコなんてそうはないので、こういうモノを十分に活用して少しでも負担を減らすのがベストかと。

さて、久々の新作となった訳だけど、偶然にもアルバムリリースの間隔が約2年ずつというのは待った感のある~とはならないし、早いとも思わない、実に良いリリースペースだと思う。
しかし、何でこんなダサいジャケットにしたんだろうか?これまでもそんなに良いアートワークだとは思わなかったけど、今回のは全く理解出来ない。ジャケ買いなんてもってのほかだろ、このダサさは(苦笑)。

内容は相変わらずのシン・リジィ直系のハードロックで、前作よりも幾分ヘヴィさが加わった感じ。ただ楽曲によってはリジィ云々という言葉は必要ない、むしろリッキーの過去であるジ・オールマイティーに近い雰囲気のリフ中心のHRだったりするので、少しづつだけどリジィから脱却している節も見受けられた。
まあオールマイティー化は正直このバンドには望んでないので個人的には嬉しくないんだけど(オールマイティ自体は好きだけど)、初の試みで女性コーラス入れたりして少しづつ変化のあるのは良い傾向なのではなかろうか?いつまでもリジィの幻影ばかり追ってるのもどーかと思うし。
あと今回は楽曲の短さが際立っていて、日本盤ボートラ含む全11曲で約45分しかないのであっと言う間に聴き終えてしまうのはちょっと物足りなさを感じてしまう。別に楽曲が長ければ良いという訳ではないけどダラダラ続くよりは潔いし、今の時代にしてはかなり珍しいスタイルなのでは?

残念ながらドラムのジミー・デグラッソがラットに加入する(という噂)為脱退してしまったけど、後任も決まったらしく(ザック・ワイルドのブラック・レーベル・ソサエティのチャド・セリガという人)バンドはまだまだ存続するみたいで一安心。一度はライブを観てみたいバンドなんで、あとは再来日公演を期待するのみですな!


「TESTIFY OR SAY GOODBYE」


「DANCING WITH THE WRONG GIRL」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE DEVIL YOU KNOW / HEAVEN AND HELL (2009)

CD SINGLE BOX / QUEEN (1991)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

男くさいオールマイティ

シン リジーの需要を狙っているんだろうけど、私はなんかダメなんですよね。フィルみたいな歌い回しが。
フィルがフィルみたいな歌い回しするならいいんだけど、ってそりゃフィルだからね。
シン リジーと全く切り離して聴きたいけど、やっぱり聴けない私

2017年05月22日 12:00

comment avater

K.A.E.

私は1stアルバム聴いた時に「意外とハマってるじゃん!」と思ったクチなんで、それほど違和感は無かったですよ。再結成リジィにリッキーが加入したというニュースを聞いた時は「???」ってな具合でしたから尚更だったのかも知れません。

でもリジィとは別バンドですよ、これは。リジィには独特の色気みたいなモノがありましたけど、このバンドにはそれを殆ど感じませんし。だから敢えてバンド名変えて活動始めたんじゃないですかね?ただ、そのバンド名はちょっとダサいですけどね(苦笑)。

2017年05月23日 06:16

comment avater

フライヤーズポンタ

まだ頑張ってんだ、っていう印象しかない。

ジョン・サイクスの後にリジーノスタルジーバンドをやってたのは知ってたんですけどね。
オールマイティはちょっと齧って、リッキーの歌いっぷりが好きだったから、自分もイケるクチかも。

今度、チェックしてみます。

2017年05月23日 07:50

comment avater

K.A.E.

オールマイティー期のリッキーを想像すると印象が違うと思います。男臭さは変わってないんですが、あの頃よりも大分落ち着いた感じですしね。
歳相当な感じだから、今のリッキーが仮にオールマイティーを復活させたらそっちの方に違和感を感じるかも知れません(苦笑)。
でも、思ったよりも人気ないんですかね?余り話題になってない感じがします。良いアルバムだけにちょっと勿体無いですよ...

2017年05月24日 06:55

comment avater

某音楽馬鹿

シン・リジィに関しては関わった人がもれなくシン・リジィっぽい事をやり始めるという法則があって(笑)、それだけ個性が濃いバンドだったと思います。

私はシン・リジィが大好きで、フィルさん以外の人が歌うのに違和感がある方ですが、このブラック・スター・ライダーズはハマりました、リッキーさん率いるオールマイティのファンで、ソロ作も気に入ってたんで、この人なら・・・っていうのもあったかもしれません。

最近はシン・リジィっぽい曲からは離れてきてるんで別のバンドとして楽しく聴けてます、どちらかというと最近出たシナーの新作があまりにもシン・リジィ度数が高くて笑いましたが・・・。

フライヤーズポンタさま、ブラック・スター・ライダーズもお勧めですが、リッキーさんのソロ作も良いっすよ(と勧誘しておきます)。

ボネ太郎さま、この新作は歌も曲もそれほどシン・リジィっぽくなくてかっこいいハードロックとして聴けますんで是非お試しくださいませ~。

2017年05月27日 20:03

comment avater

K.A.E.

>シン・リジィに関しては関わった人がもれなくシン・リジィっぽい事をやり始めるという法則

そんな法則が!?(笑)
でもフィルの才能にそれだけ惹きつけるモノがあるんでしょうね。ジョン・サイクスは最後にバンドに関われて今でもフィルに感謝してるみたいですし。

今回のアルバムはリジィ度数はそれほど高くないのもポイントですね。”リジィそのまんま”というよりはエッセンス程度なら逆に効果的だと思うので、そういう楽曲が増えてくれると尚嬉しいです。でもオールマイティー化は勘弁かな(苦笑)。

2017年05月30日 03:49

コメントの投稿