ジャケットも内容も非常におどろおどろしくてよろしい(笑)ヘヴン・アンド・ヘルのデビューアルバム「THE DEVIL YOU KNOW」。発表は2009年。
デビュー・アルバムと言ってもこれはあくまでもバンド名義上の意味で、実際にはご存知のとおりロニー・ジェイムズ・ディオ、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ヴィニー・アピスの4人である第二期ブラック・サバスで、当時「オリジナルメンバーでないとブラック・サバスの名義は使えない」とかオジー側の主張で...って情報を聞いたけど、アイオミさんの自伝の中では実際にサバスの名前を使いたくなかったのはアイオミさん本人だったらしく「オジーとのクラシックラインナップでライブ演ってるのに、片やロニーと一緒にサバスを名乗るのは混乱するだけだから」という理由らしい。
まあ、実際にこれでサバス名乗ったらシャロンが黙ってないんだろうけど(苦笑)それにこのアルバムの前にリリースされてる「LIVE FROM RADIO MUSIC CITY HALL」で既にヘヴン・アンド・ヘルと名乗ってるトコから、オジーとロニーとは別モノという捉え方がはっきり分かる。おまけにこのライヴ盤ではオジー期の曲は入ってないのも徹底してる。ロニー自身としても無理してオジー期の曲に拘らなくて済むし、これは良かったんじゃないかと。

さて、そのライブ盤の後にリリースされた久々のオリジナルアルバムだけど、当然サバス期の「HEAVEN AND HELL」や「MOB RULE」、もしくは「DEHUMANIZER」そのどれとも違う作風を持ってきた。勿論このメンツからなる音は当然ヘヴィなんだけど、そのヘヴィさが過去作とは段違いの重さなのだ。ロニーがディオで数年ヘヴィさを重点的に意識してアルバム作ってきたスタイルを、そのまま本家で更に昇華させた感じと言ったら良いのだろうか。その分、過去作にあった様式美は大分削られた感じだけど、このメンツで行き着いた先がこの音なら文句はあるまい。

シンプルながらも重く、ドゥーム的なノリから「MASTER OF REALITY」を想像するだろうけど、あのアルバムよりも当然進化しており更に奥深くなったという印象を受けた。ロニーの歌唱は相変わらず力強いモノではあるものの何処か哀愁を感じさせるモノが多くなり、翌年帰らぬ人となってしまった事を思うと色々と勘繰ってしまうトコがある。
アイオミのギターリフも相変わらず冴えまくって、リフメイカーとして未だに才能が枯れてない事を示している。40年近くも活動してきてホントに底無しなんだろうか?と思わせるのはさすがの一言。
お気に入りは「ATOM AND EVIL」「BIBLE BLACK」「DOUBLE THE PAIN」「EATING THE CANNIBALS」「BRAKING INTO HEAVEN」あたりかな。

結果的にはロニーの遺作となったこのアルバムを作れてバンドとしても良かったのではなかろうか?仮にロニーの遺作がディオだったらここまでの完成度は期待出来なかっただろうし。HM/HR界の偉大なシンガーの有終の美を飾れたモノとしては文句無い素晴らしい作品だと思う。


「ATOM AND EVIL」


「BIBLE BLACK」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PRIDE & GLORY / PRIDE & GLORY (1994)

HEAVY FIRE / BLACK STAR RIDERS (2017)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

売りました(笑)

メロディの薄さに我慢出来ずに、結局売りました(笑)
ヘビーだろうが、なんでもいいけど、いわゆる歌メロがないと何も残らない私です。
http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-448.html?sp&m2=res
で、とっくに売りました(笑)
私は様式美サバス、いやいや、トニー マーティン サバスが好きなへそ曲がりですから!

2017年05月27日 05:32

comment avater

K.A.E.

おやおや、コレはダメですか?私はかなり好きなんですけどねえ~。
多分ドゥーム系がダメだとこのテのモノはキツいんじゃないかと。そーなるとボネ太郎サンは「13」もダメでしょ?
このアルバムも「13」も、派手でキャッチーな作りよりもむしろシンプルで飽きのこない作りに聴こえるんで、その辺が評価分かれるんじゃないかと。この2作は幾分ゴシック系にも通ずる雰囲気持ってるんで、それも私には魅力的に聴こえるのかも知れないですね。

2017年05月27日 06:36

comment avater

某音楽馬鹿

私的には、神様仏様アイオミ様~!!が弾いてれば全てOKっていう信者なんで客観的な評価はできませんが(笑)、メロディが薄くて重さと暗さに寄った作品なんでヘヴン・アンド・ヘル期のサバスを求めると「?」ってなる気持ちはよく分かります。

どちらかといえばドゥーム・メタルを超上手いVoが歌ってるっていう感じですよね、個人的にはこれはこれで「アリ」ではないかと思います。

ボネ太郎さま、私もトニー・マーティンさんが歌ってたサバスが一番の人ですよ~(仲間ですね)。

2017年05月27日 20:13

comment avater

フライヤーズポンタ

自分は様式系サバスもドゥーム系サバスもどっちもイケるクチなんですが、どうにもこうにもトニー・マーティンのVo.だけは苦手って輩です。
なんでだろ?
他に有名どころの人で苦手なVo.を挙げると、グラハム・ボネ太(あ、いけね)ット、キング・ダイアモンドとなります。
この3人が苦手なんですよねぇ。変ですかね?

2017年05月29日 20:39

comment avater

K.A.E.

某音サンの言うとおり、「HEAVEN AND HELL」や「MOB RULES」を期待しちゃうと結構キツいですよね。アレはアレで勿論素晴らしいんですが、このアルバムに関しては円熟の極みといったモノを感じます。ドゥームスタイルで歳を重ねた結果のこの音を出せたみたいな雰囲気が全体を覆ってるのが歴史を感じさせますし。

でも、サバスがこのアルバムや「13」で晩年を迎えたのは素直に凄いと思いますね。路線は若干変えつつも、結果的に最初から最後まで”ヘヴィ一辺倒”という事実を貫いたのは評価に値しますよ。

2017年05月30日 03:58

comment avater

K.A.E.

ポンタさんのトニー・マーティンが苦手って意外ですね。歴代のサバスのボーカルの中でもあの音楽性で一番合ってると思うんですが...グレン・ヒューズやレイ・ギランが「HEADLESS CROSS」歌っても何処か違うと思いますし。
私はトニー期のサバスも勿論大好きなんで、オジー期やロニー期とはまた別のサバスだと思ってますよ。早く「HEADLESS CROSS」と「TYR」のデラエディ盤出して欲しい...(「FORBIDEN」は別にいいけど/苦笑)

グラハムは正直最初は苦手でした。まあ、最初の印象が悪かったのですが(レインボーのあのPVですから/笑)アルカトラスの2ndでやっぱ凄いな、この人となりました。でも、当時のライブのおちゃらけ方は...(苦笑)

キング・ダイアモンドは私も苦手ですね。メタル的には良いんでしょうけど、何か笑っちゃうんですよ。ふざけてるのか?って(苦笑)。同様にブラッキー・ローレスもダメでした。演奏がカッコイイのに勿体無い...といつも思っちゃうのが残念です。

2017年05月30日 04:17

コメントの投稿