今日、たまたま車でFM聴いてたらデフ・レパードの「PHOTOGRAPH」が掛かって随分懐かしいなあ...と感慨。そーいやもう30年以上も前の曲だし。この曲って中学生の頃に土曜の朝放送されてた(確か日テレだったと思う)情報番組でよく取り上げられてたのを覚えていて、この時はデフ・レパードが何者か全く分からなかったんだけど「PYROMANIA」のジャケをはっきり覚えてたので記憶に残ってるんだよなあ。

という訳で久々にLEPPSを取り上げてみようかと思い、ちょいと趣旨の違うモノで彼等初のカヴァーアルバム「YEAH!」をチョイス。発表は2006年。
そーいや彼等の歴史の中でカヴァーソングというモノは余り聴いた事がない。ライブではCCRの曲とかを演ってるという話を聴いた事があったけど、実際に音源となってるモノはそれほど多くないのでは?
そんな彼等が何故カヴァーアルバムを作ろうと思った経緯はよく知らないけど、実際に並んだナンバーを聴いてみると音楽嗜好が幅広いジョー・エリオットが如何にも好きそうなナンバーがずらりと並んでいる。

普通にロックを聴いてきた人でピンと来るのはやっぱT・レックスの「20TH CENTURY BOY」だろうなあ。コレは普通にカッコイイし、LEPPSのイメージにも合ってると思う。しかし、殆どの他の曲が余りにもマニアック過ぎる選曲なので、アルバム全体で聴くとかなり散漫な印象を受ける。デヴィッド・エセックスの「ROCK ON」なんて全く知らない曲だったし、確かライブ盤の「MIRROR BALL」にこの曲が収録されているのだけど、最初聴いた時は「何だ、この地味な曲は?」と不思議に思ったモノだ。同様にジョン・コンゴスの「STEP ON」も全く知らない曲だった(ついでに人物も全く知らない)。

HM/HR界隈だとシン・リジィの「DON'T BELIEVE A WORD」(邦題:甘い言葉に気をつけろ)くらい。意外だったのはブロンディの「HANGING ON THE TELEPHONE」とかロキシー・ミュージックの「STREET LIFE」かな。デボラ・ハリーやブライアン・フェリーの曲をジョーが歌うって何か変な気分だし(苦笑)。
デヴィッド・ボウイ「DRIVE-IN SATURDAY」やキンクス「WATERLOO SUNSET」、スウィート「HELL RAISER」やモット・ザ・フープル
「THE GOLDEN AGE OF ROCK 'N' ROLL」は何となく想定内のレベルだし、トム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズ「AMERICAN GIRL」やフェイセズ「STAY WITH ME」辺りも前述のCCRのカヴァー演ってたくらいだから特に意外性は感じない。

私的なハイライトはやっぱモット・ザ・フープルかな?ジョーは熱狂的なモットのファンだったという話だし、曲もバンドのイメージにピッタリで良いと思う。バッド・フィンガーの「NO MATTER WHAT」(邦題:嵐の恋)も色んなバンドがカヴァーしてるけど意外にもフィットして面白い仕上がりになっている。

オリジナルアルバムでは音の作り込みが緻密過ぎてアルバム完成が遅れるバンドとして有名な彼等だけど、このアルバムに関しては選曲や演奏はリラックスして楽しんで作ったという印象を感じた。たまにはこういうアルバムも面白いけど、やっぱオリジナルアルバムと比べると趣旨が違うのであくまでも”別モノ”として捉えるのがベストなんだろうなあ。


「20TH CENTURY BOY」


「NO MATTER WHAT」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PERFECTAMUNDO / BILLY GIBBONS AND THE BFG'S (2016)

PRIDE & GLORY / PRIDE & GLORY (1994)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

お気楽に

こういうアルバムって、作る方もお気楽なら、聴く方もお気楽に。
私はカバーアルバムってすぐに、飽きるから買わないんですけどね。
これは買って2秒後に売りました。
・・・2秒は嘘ですが(笑)

2017年06月06日 12:28

comment avater

K.A.E.

確かに気楽に楽しむのが良いんでしょうけど、オリジナルと比べるといまいちなモノってのはどうも頂けませんね...って、別にこのアルバムの事言ってる訳じゃないですけど(苦笑)。

逆にオリジナルよりも良いじゃん!ってのがたまにあったりするのがカヴァーソングの面白いトコなんですけどね。「PLEASE DON'T LEAVE ME」なんかは、最初プリティ・メイズのカヴァー聴いて「おっ!」となりましたけど、オリジナルの方は地味ながらもじわじわ来る感じで今では両方共好きなアレンジですね。こういうのが理想的なのかも。

2017年06月07日 02:50

comment avater

地味JAM尊

はじめまして

投稿お初になります。(Around~も含めて読み逃げはしまくってましたが)
地味JAM尊と申します。ボネ先輩の所では全日&コーディ―ネタでお世話になりました。

ところでデフレパですが、SingleCDのボートラ等で結構カバー曲やってたんで
個人的には「ネタが尽きたか・・・レトロアクティブ2か?」と思ってこのアルバム買いました。(「Rock On」は'89~'90あたりでBillboardでマイケル・ダミアンって人がカバーして1位になったんで知ってた)カバー盤はたまに「知らない名曲」などに出会えることがあるので、自分としては大切にしたりしてます。(Van HalenでKinksやロイ・オービソン知ったし、K.A.Eさんと同じくプリティ・メイズ「Please Don't Leave Me」やQRの「C'mon Feel The Noize」とかでカバー→オリジナルの両方オキニになったりしたんで)

2017年06月09日 03:29

comment avater

K.A.E.

地味JAM尊サン、有難うございます!いつもボネ太郎サンのブログの方でお世話になってます。こちらにも来てくれたんですね。しかも雑談版の方まで(笑)わざわざ有難うございます。

ボネ太郎サンのトコでは、何かと趣味が被ってる部分が多いのでいつも楽しんで書き込んでいるのですが、やはり音楽も近いトコ通ってるので何かと被ってる部分も多いと思うので、是非今後とも宜しくお願いいたします。
過去に書いたモノにもコメント頂いてるのは嬉しいですね。他にも気になるモノがあれば是非コメント入れてみてください!

そーいや「RETROACTIVE」でスウィートの「ACTION」とかカヴァー演ってるんでしたね。LEPPSは意外とカヴァー曲の音源化は少ないと思ってたんですけど、このアルバムで一気に出した感あるんで暫くは無いですかね?売れなかったアルバムですから、もしかしたらもう無いかも知れませんけど...(苦笑)「ROCK ON」に関しては、カヴァー曲がビルボード1位取ってたのは全く知りませんでした。80年代は結構チャートを意識して聴いてたので、自分でも知らなかったのは意外でした(まだまだ甘いとも言う.../笑)。

私も、カヴァー曲に関しては新たな解釈として捉える事が多いし、カヴァー曲が秀逸ならオリジナルも聴いてみようという気分になるので余り否定的にはならないですね。ただ一つ、カヴァーが許せなかったのはBAD NEWSの「BOHEMIAN RHAPSODY」ですね(幾らブライアン・メイがプロデューサーでも、アレはないかと...)。

2017年06月10日 01:28

comment avater

某音楽馬鹿

このアルバムのT-レックスやシン・リジィ、ロキシーのカバーは大好きです。
日本盤ボーナストラック扱いですがトム・ペティさんのカバーは確かに意外でしたけど面白かったし、おそらくメンバーさんの中に好きな人が居るんでしょうね(私的にはヴィヴィアン・キャンベルさんが怪しいと思ってます)。
それはともかく、ジョー・エリオットさんのモット・ザ・フープル好きは度を越えてますよね、再結成時にカバーバンド組んで前座やったし、その勢いでモットとイアン・ハンターさん絡みのカバーアルバムを2枚も作るし(笑)。
でも全体的に不思議な統一感もあるのが凄いと思いました。

2017年06月18日 22:34

comment avater

K.A.E.

私の好みではモット、Tレックス、スウィート、バッド・フィンガーってトコですかね。トム・ぺティは確かにヴィヴィアン辺りだろうけど、ヴィヴィアン加入前にCCRもカヴァーしてた事から意外とジョーなのかも?

リジィに関しては、この曲よりも「WAITING FOR AN ALIBAI」か「BAD REPUTATION」辺りの方が聴いてみたかったですね。ボウイもベタだけど「SAFFRAGETTE CITY」なんかハマりそうだし...と、カヴァーに関しては個人的な好みが出てしまうんですよね(苦笑)。

意外なミュージシャンでチョイスするのも面白いんですが、さすがに知らないミュージシャンの地味な曲だと自己満足で終わる可能性もあるから、こういう選曲はちょっと難しいのかも知れませんね。
ジョーはモットのカヴァーバンドやボウイのスパイダース・フロム・ザ・マーズのメンバーとバンド組んだり、こういうのがホントに好きなんでしょうね。自分のバンドのアルバム作るのはめっちゃ遅いクセして(笑)。

そーいや、このアルバムにはクイーンは入ってなかったのは意外でした。ジョーなら絶対に選びそうなのに。

2017年06月19日 05:51

コメントの投稿