地味JAM尊サンのコメントを読んでるウチに久しぶりに80s魂に火が点いてしまった様で(笑)ここ最近は80s関連のモノばっか聴いてる。注文して届いたCDがあるってのにそっちは後回しって...
そんな感じなので、まだチョイスしてないモノってあったかな?とチェックしてたらこのアルバム書いてなかったんで、今回はこのアルバムをチョイス。ブライアン・アダムスの3枚目「CUTS LIKE A KNIFE」。発表は1983年。

久々に聴きましたねえ~。ブライアンと言ったらやっぱ「RECKLESS」か「INTO THE FIRE」、気が向いて「WALKING UP THE NEIGHBOURS」を聴くってな具合なんでなかなか手に取らないんですよ。
私はこの3rdアルバムで彼を知ったけど、ちょっと記憶が曖昧だけど「ベストヒットUSA」で彼が生出演してた覚えがあって、このジャケットが裏に飾られてたのを見て「ジャケットがカッコイイなあ」と思ったのが第一印象だった気がする(掛かったPVまでは覚えてないけど)。
余談だけど「ベストヒットUSA」の小林克也さんの裏に写るアルバムジャケットを部屋に飾りたいな...と思ってた時に、LPジャケットをそのまま入れて飾れる額が当時地元にあったWAVEにて¥1000以下で売ってたので、すぐさま購入して数少ないLPジャケットを入れて飾りまくってた事があったなあ。途中で枠が崩れてダメになっちゃったけど。

でも今聴いてもやっぱ良いアルバムだと思った。以前は2ndアルバムもCD持ってたけど、さすがにまだ歌い方も曲調も青臭いイメージだったので結局売ってしまった(でも「TONIGHT」は良いと思う)。しかし、このアルバムからちょっと余裕が出てきたのか、少しだけ落ち着きが感じられて聴いてて安定感を感じられた。これはプロデュースの影響があるんだろうけど。
このアルバムが作られた当時のブライアンの年齢はまだ20代前半で、「THE ONLY ONE」や「THIS TIME」みたいに全体的に爽やかな青春ロックみたいな楽曲で統一されている。

お気に入りは「THE ONLY ONE」「THIS TIME」「STRAIGHT FROM THE HEART」「CUTS LIKE A KNIFE」「DON'T LEAVE ME LONELY」辺りがベストかな。「THIS TIME」のPVは雰囲気が好きでよく観たなあ。「STRAIGHT FROM THE HEART」は、何でシングルカットしなかったのか不思議なくらい良い曲だと思うんだけどなあ。(注:地味JAM尊サン、有難うございます。インナースリーヴに”初のトップ10ヒット”と書いてありますね!失礼しました。)「DON'T LEAVE ME ALONE」はさすがに今のブライアンじゃ絶対歌わないんだろうな(笑)。

前半に好きな曲が集中してるので後半がちょっと甘いかな?と思うけど、曲作りは前作よりもかなり上がった印象を受けたし、次作でメガヒットを記録した事を考えるとこのアルバムで既に方向性が見えていたんだろうな。当時はこのテのロックは結構多かったと思うけど、その大勢の中でも初のトップ10ヒットを記録した本作が彼の実力を見せ付けた証だと思う。ホント、良い時代だったな。


「THIS TIME」


「CUTS LIKE A KNIFE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DESIRE WALKS ON / HEART (1993)

PERFECTAMUNDO / BILLY GIBBONS AND THE BFG'S (2016)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

K.A.E.さん、訂正訂正!!

「Straight From The Heart」はシングル化されて初のTOP10入りしてますよ~(しかも、その後ボニー・タイラーにカバーされてる)。
後は「Cuts~」が15位、「This~」が24位。自分もRecklessからのプチ遡り組だけど、このアルバムは友達に勧められて、「こっち聴きこんでから、Reckless聴け」って良く説教されてました。自分も「The Only One」とか好きだったな~まだ若かったし(…非常に遠い目)。

2017年06月17日 03:48

comment avater

グラハムボネ太郎

素晴らしい!

何が素晴らしいかといえば、やっぱりブライアン アダムスの作曲の才能。メロディ作りは天才ですよね。結局どんなタイプの曲だろうが、曲がいいことが一番だと

2017年06月17日 05:06

comment avater

K.A.E.

指摘有難うございます!

多分「CUTS LIKE A KNIFE」と勘違いしてたんだと思います。「STRAIGHT FROM THE HEART」はPVってありましたっけ?観た記憶が無いんですよねえ。「THIS TIME」が好きだったのに、チャートアクションがイマイチだった(とはいえ、24位でも十分凄いんだけど)という記憶は何故か覚えてました。

でもその友人の方の意見も分かる気がしますね。やっぱ「RECKLESS」でスケールアップしましたから、その前の少し素朴さが残るこのアルバムを先に聴くと「RECKLESS」の良さがより理解出来るんじゃないかと。

「THIS TIME」のPVを観ると、何故かデニス・デ・ヤングの「DESERT MOON」を思い出すんですよね。全然関係無いけど、両方のPVがアメリカの片田舎っぽい雰囲気を感じるからかな?

2017年06月17日 07:39

comment avater

K.A.E.

地味になったとはいえ

今でもまだ活動してる事が凄いですよね。最近のアルバムは聴いてないんでコメント出来ないですけど「18 TIL I DIE」まではホントによく聴いてましたよ。

「RECKLESS」までは若さを感じさせる楽曲が多かったですけど、「INTO THE FIRE」でかなり男臭くなってイメージ変わっても楽曲の良さは変わらなかったですしね。ボネ太郎サンの言うとおり、曲が良いのが一番というのはこの人にそのまま当て嵌まるんじゃないかと。

2017年06月17日 07:49

comment avater

某音楽馬鹿

80s魂に火が点きましたか!、周期的にこういうの聴きたくなりますよね~。
私もこれはリアルタイムで聴いてなくておそらくブライアンさんの作品の中でも結構後で聴いたやつだと思います。
この頃はアメリカン・ロックとメロディアス・ハードの中間みたいな感じで改めて聴くと凄く良い作品です、これの次以降の作品が派手なんで目立たないのかもしれません。
尚、リマスターの紙ジャケCDが出てますが音量が低いんで今お持ちのCDで聴く事をお勧めします、旧CD売らなきゃよかったな~って思ってます。
あと、この時代のLPは最高です(と誘惑しておきます)。

2017年06月18日 22:55

comment avater

K.A.E.

某音サンはもうこのブログを10年近くチェックしてくれてるので分かってると思いますが、この10年の間に何度80sを周期的に聴いてる事やら(笑)。DNAが組み込まれてるとしか思えないですよね、ここまで80s好きだと。

地味JAM尊サンに指摘されて当時のチャートをチェックしたら、ちょうど私が洋楽に興味を持ち始めた頃と被ってるんですよ。アイリーン・キャラの「FLASH DANCE」やデヴィッド・ボウイの「LET'S DANCE」がチャートに入ってる時期で、ブライアンはベストヒットUSAで観ただけで曲までは覚えてなかったんで記憶が曖昧だったのかも。

紙ジャケCDは評判悪いですよね。「RECKLESS」には「CHRISTMAS TIME」と「DIANA」が収録されてるから今でも欲しいんですけど、もう入手困難ですし...まあ「DIANA」は持ってるから良いけど。何で「RECKLESS」のデラエディ盤に入れなかったんだ?と不思議に思いますね。

2017年06月19日 06:17

コメントの投稿