最近はグラハムボネ太郎サンや地味JAM尊サンが参戦してくれて過去のレビューにコメント入れてくれてるので、旧作アルバムと向き合う機会が大分増えた。新作も勿論良いんだけど、こうして過去の作品を思い出して再度聴いたり、自分がまだ聴いてないアルバムがあれば再チェックするのもこういう機会が切っ掛けになれば良い事だし。何も新しいモノだけが全てじゃないんだし、私が好きな80s系のモノだって全てを把握してる訳じゃないから、振り返るには良い機会だと思う。

今日は休日なので、起きてからずっと旧作アルバム三昧。で、久々にこのアルバムも手に取った。ハートの1993年に発表された「DESIRE WALKS ON」。ジャケットで遂にアン姉さんは顔半分になってしまいましたね(苦笑)。

前作「BRIGADE」がホントに素晴らしいアルバムだったお陰で期待が凄く高かったアルバムだったけど、結果的には少々方向性に迷いが見られる作風になったのがちょっと残念だったな。曲自体は決して悪くないしむしろ力作と言っても良いレベルなんだけど、自分達の書いた楽曲に拘りを持つアン&ナンシーに対し、外部ライターの書いた曲との差が微妙に噛み合ってないといった感じで、何とかアンの歌唱力で水準をキープしているイメージがある。

「BLACK ON BLACK Ⅱ」や「RAGE」みたいなハードロックチューンもあるのに、「BACK TO AVALON」や「RING THEM BELLS」みたいにアコギでフォークっぽい曲調があったり、産業ロックスタイルの「IN WALKS THE NIGHT」や「WILL YOU BE THERE(IN THE MORNING」があって、やってる事は過去作と変わり無いしバラエティに富んでるといえば聞こえは良いけど、ドナ・サマーのカヴァー曲「THE WOMAN IN ME」や「VOODOO DOLL」みたいな微妙な楽曲も収録されてる事から「色々な楽曲集めてみました」的なニュアンスを感じてしまうのだ。

とはいえ好きな曲も結構多いんだよなあ。「IN WALKS THE NIGHT」「MY CRAZY HEAD」「RING THEM BELLS」「ANYTHING IS POSSIBLE」が今でもお気に入り。因みに「RING THEM BELLS」はボブ・ディランのカヴァー曲で、デュエットしてるのはアリス・イン・チェインズのレイン・ステイリー。相変わらず良い声してるなあ。

結局、この後ハートは「THE ROAD HOME」(アコギ主体のライブアルバム)をリリースして暫く表舞台から姿を消す事になり、再度音楽シーンに戻ってきた時は自分達の楽曲で勝負するスタイルに移行していった訳だけど、産業ロック路線のスタイルに未練タラタラな私はどーしてもシーン復帰後のアルバムには手は出せないでいる。バンドとしては健全に有り方なんだけど、それで魅力は無くなってしまうのは本末転倒というか何というか...


「WILL YOU BE THERE(IN THE MORNING)」


「IN WALKS THE NIGHT」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

G / GARBAGE (1995)

CUTS LIKE A KNIFE / BRYAN ADAMS (1983)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

ここまでです

つうか、この一曲目だけ?です。
いずれにしても、ハデハデ80年代が好きなんで、次からのアコースティックなアルバムは全部ダメです!
80年代の何が悪いんだぁぁぁぁ

2017年06月21日 21:45

comment avater

K.A.E.

80年代こそ至高!(断言)

私は次作までは結構楽しめました。でもあのライブ盤もやっぱアン姉さんの歌唱力で引っ張ってる感じは歪めないですね。あと過去曲で占められてから違和感もなかったんじゃないかと。
でも、仮に産業ロック路線に戻ったとしても「ALONE」とか「THESE DREAMS」とかを超えられるか?と言うと、それはそれで結構疑問が残るかもしれませんね。

2017年06月22日 06:03

comment avater

地味JAM尊

短期間で売っちゃいましたね

ちょうどこの頃かな?別プロジェクトの「ラヴモンガーズ」並行し始めたの。アコースティック主体の姉妹オンリー系だったけど「つまんね~」んですよ。あと憧れのジミー・ペイジさんとあったとかで、「ミドルテンポの中期ZEP」みたいな曲に影響受けて・・・この「黄色いアルバムに投入」しちゃったんですよね。ボネ先輩も「Black On Black Ⅱ」とか挙げてたけど、こっちの求めてるものと彼らのやりたいものがどんどん離れ始めた盤ですよね。個人的には楽曲単位でしか聞いてないですね・・・残念だったな。

2017年06月23日 01:41

comment avater

K.A.E.

アレは4曲だからまだ良い!(笑)

ラブモンガーズ、懐かしいですね!私もCD持ってましたよ。ZEPの「THE BATTLE MORE EVERMORE」のカヴァー演ってましたけど、アン姉さんはプラント完コピでしたね!アレには驚きました。
しかしこのアルバム人気ないですね~(苦笑)。悪くはないけど全く聴かない訳ではないし、たまに聴きたくなるから売らずにおこうってな具合ですかね?レビュー時に聴き直して、今日も帰宅時に聴いてましたけど、評価は変わらないです。
問題は今のバンドの楽曲ですよ、これはホントに残念。アン姉さんもこれでキャリア終わらせるつもりなのかな?まあ、外部ライターの楽曲で”歌わされてる”よりは、自分の楽曲で”歌いたい”って事なんだろうけど...う~ん...

2017年06月23日 03:24

comment avater

某音楽馬鹿

これ以降は皆さんハートから離れちゃったんですか~。
確かにこの次くらいからどんどん地味になって来るんでキラキラした楽曲が好きだったらちょっと退屈かもしれませんね、気持ちは分かります。
楽曲がつまらないのは私も擁護しませんが(笑)、根気よく聴き続けると愛着も出て来ます、地味に聴こえるのは予算的なものもあったりして?。

中でもアコースティックに徹底した2010年のレッド・ヴェルヴェッド・カーはそこそこ良い作品だと思いますよ~、地味ですけどね(笑)。
https://www.youtube.com/watch?v=0lHQw2pj9-o

2017年07月01日 20:38

comment avater

K.A.E.

私は「THE ROAD HOME」までは着いていきましたけど、「JUPITER'S DARLING」はやっぱキツかったですね。当時購入してレビューも書きましたけど、聴かないCD持ってても置き場のスペースが足りなくなるだけなんで売ってしまいましたし。

本人達が外部ライター導入を快く思ってなかったから、全部自分達で作る方向になったのはバンドとしては健全だけど、それを気に入るかどーかはリスナーの判断だから難しい問題ですよね。本人達としては、ライブで一番盛り上がるのが自分達の意志に反した楽曲なんですから複雑だと思いますし。

2017年07月03日 02:29

コメントの投稿