最近のリマスターCD商法は実に手を変え品を変えといった感じで、単に過去作をリマスターするだけではなく、アルバム発売当時にお蔵入りされた未発表曲やリミックスなどを追加収録したり、当時のライブの模様やPVを収めたDVDが付属したりと、再度同じCDを購入してもらえる様にレコード会社も努力しているといった感じだ。
そのミュージシャンのファンは勿論の事、そのアルバムが大好きなモノであるならやっぱ良い音で聴きたいのは当然の事だと思うし、未発表曲や映像なんか付いていれば購入を検討するだろう。

しかし、肝心のリマスターがイマイチな出来だったりするのもそれなりにあって、聴いてがっかり...というのも中にはあったりする。これで直ぐに思い出すのはメガデスの過去作で、あのシリーズはアルバムによってはマスターテープの破損・劣化があったみたいで、デイヴ・ムステインは一部録り直しをしたお陰で音質が過去のCDと比べると全然違うモノになっていた。仕方がないにせよ、あれはホント残念だったなあ。

今回のガービッジの1stアルバム「G」もマスターテープは特に問題はなかったみたいだけど、レーベルが各国によってバラバラだったお陰で色んなトコから探し出さなきゃいけなかったみたいで、アートワークに関してはオリジナルが見付からなかったからまた新たに作り直さなきゃいけなかったとインタビューで答えてたの読んだ事があった。メンバーのブッチ・ヴィグ自身がプロデュース畑から出てきた事を思えば、こういう事の管理はしっかりされてるモノだと思ってたけど意外にも大雑把なんだなと驚いたけど、このアルバムのリマスター盤が出るというニュースを聴いた時は大好きなアルバムだったので、こうして無事に20年経った2015年に新たに発売されたのは良かった。金欠でなかなか購入する事が出来なかったけど(苦笑)。

音質自体は、当時のモノと比べて各パートの音が以前のモノよりも細かく分離されていて、更に音がクリアになった印象を受けたけど、私の耳ではヘッドホンで聴いて分かる程度のモノで、音圧自体は上がってるからメリハリが少し付いて若干ヘヴィな印象なので個人的には好みの音だ。
それに、このバンドは当時から未発表曲が多いので有名だったので、今では入手困難のCDシングルにしか入ってないモノが一つにまとめて聴けるのも魅力的だった。確かにアルバムからオミットされた曲といった感じなんだけど、このアルバムが好きな人にとっては世界観は全く変わってないモノばかりなので個人的には満足。「SUBHUMAN」は当時のCDのボーナストラックだったから聴いていたけど、「DRIVING LESSON」や「GIRL DON'T COME」、「BUTTERFLY COLLECTOR」が良い感じ。

ニルヴァーナの「NEVERMIND」のプロデューサーが新バンド結成...というニュースでいきなり音楽シーンに出てきた時はまだ全然このバンドについて知らなかったのだけど、リアルタイムで知ってたらギャップに戸惑ってただろうなという音だと思う。「NEVERMIND」とは全然違う音だし、しかもボーカルが女性という事もあって印象はグランジのそれとは別モノだから。しかし退廃的という印象はどちらにも共通する事であり、グランジの様なパンクっぽい荒々しい演奏ではなく、ニューウェーヴっぽい気だるい雰囲気を全面に押し出して敢えて音をラフにしている感覚はホントにカッコイイと思う。

シャーリー・マンソンの存在も非常に面白く、メンバー3人がMTVで彼女の前バンドであるエンジェルフィッシュのPVを観て気に入ってコンタクトを取ったという話でも分かる様に、既にバンド結成前からある程度の青写真は出来上がってたんだろうなあ。やはり彼女の存在なくしてこの成功はなかったんじゃないかと思う。

今聴いても全然古臭さを感じない世界観は私にとってはかなり好きな音。勿論、気分によっては聴かない時もあるけど、それでも聴きたい時には無性に聴きたくなる中毒性が堪らない。しかし、ブッチがまた新バンド結成したってニュースを最近読んだけど、こっちの方は今一体どーなってんの??


「VOW」


「STUPID GIRL」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OUTLANDOS D'AMOUR / THE POLICE (1978)

DESIRE WALKS ON / HEART (1993)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

久々に見ましたが

「Stupid Girl」1曲で買っちゃいましたね。まさに「あの頃の音」で懐かしいっす。

2017年06月28日 01:14

comment avater

K.A.E.

何で日本じゃブレイクしなかったのか全く理解出来ませんね~。やっぱ「暗い」ってイメージがあるからなのかな?逆にその暗く不穏な雰囲気に凄く惹かれるんですけどねえ。
この頃のシャーリーはまだ余り垢抜けてないトコが良いんですよね。次作からは結構堂々としたイメージになりましたけど、この頃はまだアマチュアの域を出てないみたいな感じで。

2017年06月28日 06:22

comment avater

フライヤーズポンタ

リマスターは悲喜こもごもですよね。

一番がっかりしたのは、RAINBOW「Rising」。
ミックス違いのマスターをリマスターすんのはやめて欲しかったですね。
知らない音が聴こえてきた時は腰を抜かしましたよ。知らないほうが良かったって感じでした。

2017年06月28日 17:55

comment avater

K.A.E.

やっぱポンタさんもがっかりリマスター盤ってありましたか(苦笑)。
「RISING」のリマスター盤は聴いた事ないですけど、あーいう結構昔のアルバムで聴こえない音が聴こえるのは違和感ありまくりですよね。そこまで来るとリミックスみたいなモノで、オリジナルとは全くの別モノになってしまいますし。
そう考えるとビートルズやピンク・フロイドのリマスターはかなり気を使ってるのがよく分かりますね。「狂気」のリマスターSACD盤の素晴らしさはマジでビビりましたよ。

2017年06月29日 05:52

comment avater

某音楽馬鹿

ガービッジのこれってリマスター再発されたんですね、これは20周年記念2枚組のやつでしたっけ?。
このアルバムは特に好きでした、リマスターの様子が違うんなら元作品も手元に残りそうで怖くてこれは手を出さないでおきますけど(笑)、ディスク2は確かに興味をそそられます。
ニルヴァーナっぽいのを予想して手を出したら予想斜め上のデジタルっぽい感じにシャーリーさんの声が好みのド真ん中だったんで当時聴き込みました、懐かしいです。

私的にはリマスターではないですがオジーさんのリズムセクション録り直しのやつが史上最低の再発だったと思ってます、あれはダメでしょう!!。

2017年07月01日 20:51

comment avater

フライヤーズポンタ

オジーねぇ。
あれはあれで、自分的にはアリでした。当然、オリジナルとリマスターを持ってて聴き比べるのを楽しんでいました。
ただ、やっぱりオリジナルのリズム隊の方が丸みのある音で断然好きだし、若者のリズム隊はやっぱり若さを感じられたんで新鮮だったし...。
で、再度のリマスターやり直しが出てブッ飛ぶっていうドッキリ!!

こんなもんでしょ。

2017年07月02日 08:33

comment avater

K.A.E.

逆に、リマスター効果が変わらないモノだったら再度購入する意味はないですからね(笑)。このアルバムみたいに、元々がプロデュース畑から出てきた人達が作ったアルバムをリマスターするって作業自体が面白い発想だと思います。個人的には理想的なスタイルじゃないんですかね?

ガービッジはとにかく未発表曲が多いから、是非2ndアルバムでもこのリマスターのスタイルでやって欲しいですね。YOU TUBEで聴けるモノの中にカッコイイのが多いですから。

オジーのヤツは明らかに印税対策でやらかしたモノだからリマスターではないですけど、音楽的にああいうモノを出す理由がそもそも分からないという(苦笑)。

印税対策はボブ・ディズリーやジェイク・E・リー、フィル・スーザンにやらかして、自分は「コウモリを食った男で認識されたくない、ミュージシャンとして名を残したい」とか何言ってんだ?って感じですけどね(笑)。
それと似た様な事をロニーもヴィヴィアン・キャンベルにやらかして大揉めした訳だし、前述のハートじゃないですけど全部自分でやれば文句はないんじゃないかと(笑)。出来ないからこうなった訳で。

やっぱ有名アルバムの再録ってのは、多く売れた分だけ批判の数もあると思うんですけどね。仮にメタリカの4thにベース入れて再発したとしても、当時のジェイソンのプレイならともかく、今のトゥルージオのプレイじゃ批判もあると思いますしね(でもコレに関しては買っちゃうと思う/笑)。

2017年07月03日 02:47

コメントの投稿