何か久々に聴きたくなったんで、ポリスのデビューアルバムから5thアルバムの最終作まで毎日1枚ずつ聴いている。
今でこそ、私が今まで聴いてきたアルバムの中でのNo.1はイット・バイツの「ONCE AROUND THE WORLD」なんだけど、このアルバムを聴く前まではポリスの3rdアルバムである「ZENYATTA MONDATTA」だった。それくらいこのバンドが大好きだったのだけど、音楽は勿論の事、ポリスが打ち出したコンセプトが凄くクールでカッコ良かったのも一因だった。
という訳で、もう既に2nd~5thまでレビューしてあるので、今回はデビューアルバムである「OUTLANDOS D'AMOUR」をチョイス。発表は1978年。

このアルバムのリリース当時はパンクムーブメントの最中、髪をブロンドに染めてパンクっぽいアティチュードでシーンに登場したのは良いけど、実際のトコはパンクムーブメントとは全く関係無いジャズ畑やプログレ界隈でプレイしていたメンバーが集まって、パンクよりも演奏が上手いロックとレゲエを融合した偽パンク(笑)で音楽シーンに現れたというのだから、リアルタイムで知ってたらさぞかし面白かっただろうなあ。メタルの恰好したバンドが全然違う音楽プレイしてる様なモノだろうし。

ロックとレゲエの融合という基本コンセプトはこの時点で既に出来上がってたのだろうけど、レコードを売る為の戦略でパンクを利用するというのはパンクのアティチュードに共感出来たから...と後にスティングが語ってたけど、それがいきなり「ROXANNE」をシングルに持ってくる辺りがまたニクイじゃないですか(笑)。私自身はそれほどこの曲は好きじゃないんだけど、曲の内容も売春婦の話だったりするし、話題性で言ったら相当エグいやり方なんじゃないかと。これがアメリカのラジオでバンバン掛かってたというのだから何とも...
で、次のシングルが「CAN'T STAND LOSING YOU」で、曲の内容が失恋でシングルのジャケットが首吊りというやり過ぎの域に達したモノで(苦笑)パンクの攻撃性や反社会的なモノなんて全然関係無いし。当時のパンク好きの人達にとってこのバンドには相当イラつかされたんじゃないかと(笑)。

疾走感のある「NEXT TO YOU」や「PEANUTS」、「TRUTH HITS EVERYBODY」なんかはパンクのそれと近い雰囲気を感じさせるし(どちらかというとモッズ系だけど)「SO LONELY」「HOLE IN MY LIFE」はレゲエの影響大といった感じで、デビューアルバムにしては意外とバラエティに富んだ内容となっている。
このアルバムの前にシングル数枚発表していて、アルバムには収録されてない「FALL OUT」や「DEAD END JOB」なんかはかなり攻撃的で今のスティングからは想像出来ないくらい荒々しい音でカッコ良かったりする。やっぱあの当時のシーンの影響が強かったんだろうなあ。

後に段々とワールドミュージックに傾倒していって、最後に金字塔となった「SYNCHRONICITY」まで行き着いた訳だけど、デビュー当時のインタビューで「俺達は3年後にビートルズの記録を全て塗り替える」と豪語したのは有名な話だけど、3年とはいわずとも「SYNCHRONICITY」という時代の傑作を作り上げた事実を考えると、全てはこのアルバムから始まったのが実に感慨深い。


「NEXT TO YOU」


「SO LONELY」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SONGS IN THE KEY OF ROCK / GLENN HUGHES (2003)

G / GARBAGE (1995)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ポリスに関してはシンクロニシティ以外の作品を聴いたのは結構後で、スティングさんのソロから聴き始めて「シンクロニシティ」「ゼニヤッタ~」「レガッタ」の順番で聴いて確かその次くらいだったかと思います(2000年代に入ってました)、ちなみに好きな順番も同じです。

パンク好きさんでもクラッシュのレゲエっぽい作品で慣れてた人はレゲエのリズムはOKだったと思いますが、凄く売れたんで反感買ったんじゃなかろうか・・・と。

これも嫌いな作品じゃないですけどね。

2017年07月01日 21:02

comment avater

地味JAM尊

「So Lonely」って後になってシングルカット?されましたよね。日本と香港がミックスされたPVで・・・「DoDoDo~日本語ver.」とかと一緒に見た記憶がある・・・

2017年07月02日 01:27

comment avater

K.A.E.

私自身も「SYNCRONICITY」はリアルタイムで聴いてその時に後追いで全部聴きましたけど、本編でも書いてるとおり聴く頻度としては3>5>1>4>2的になりますね(今じゃ2と4は同等くらいですけど)。昔はホントに大好きだったんで毎日の様に聴いてましたけど、これを書くにあたって久々に聴いたらやっぱ良いですね。

「レゲエは好きではない」と以前イングリッシュ・ビートの欄で書きましたけど、ポリスのスタイルってそこにロック的なエッセンスが加わるだけでかなり色合いが変わってくるのが不思議でしたね。それはスチュワートのドラミングだったり、アンディのギターワークだったりで、やはりこの3人の作った音は特別だと思います。今こういうバンドは皆無だし、もし出てきてもここまでのセンスが発揮出来るかは疑問ですね。

2017年07月03日 02:58

comment avater

K.A.E.

「SO LONELY」はシングル出てましたね(ポリスのBOXセットにジャケット写真載ってるから間違いないです)。このジャケ写を使ったTシャツが高値で売られてて非常に欲しいんですが、オフィシャルじゃないTシャツって生地がペラペラだったりするんで、ちょっと恐くて買えません(苦笑)。

「DODODO DE DADADA」の日本語verはまだシングル持ってますよ。「ドゥドゥドゥ、デ、ダダダ~、ハ、アイノコトバッサ~」って...(笑)。因みに解散寸前に出たシングルレコード10枚組木箱セットもまだ持ってます。いつか写真アップしたいですね。

2017年07月03日 03:07

comment avater

グラハムボネ太郎

ザ・ポリスですね

好きな曲とそうでもない曲と、好きなパートとそうでもないパートが同居してます。
私はレゲエ的な、ツッチャ、ツッチャのリズムがダメなんですよ。
好きな曲、好きなパートは好きだけどなぁ〜。ザ・ポリス。ザ・・・

2017年07月03日 06:27

comment avater

地味JAM尊

ラストシングルは「シンクロニシティⅡ」ですよね?

シングル10枚組木箱セットってのが
全く想像がつかないんですが・・・最後のシングルは「高校教師'86」だったり
まさかの「Roxanne '97 (Puff Daddy Remix)」じゃないっすよね?

2017年07月04日 01:46

comment avater

K.A.E.

ボネ太郎さんへ

私もレゲエは苦手なんですよ(ってポリスは別モノですから)。ボブ・マーリーとかも眠くなっちゃうし...でも、そこにプラスアルファが入るだけで大好きになるんですから不思議なモンです。
でもスチュワート・コープランドのドラミングは当時物凄い衝撃を受けましたね。あれだけ小気味良いリズムを取れる人はそうそういなかったのでは?ドラムにFOUR WORDを英語と日本語で入れて、それでスティングと喧嘩した時に思い出してぶっ叩く...って話が好きでした(笑)。

2017年07月05日 03:36

comment avater

K.A.E.

地味JAM尊さんへ

「SYNCRONICITY Ⅱ」はシングルになったんですかね?12インチは持ってるんですけど、7インチで出たのかは記憶にないです。「DON'T STAND CLOSE TO ME 86」も同様で、当時12インチ買いましたけど、7インチがあったのかどーかは不明です。
パフ・ダディMIXはCD買いましたけど、最悪でした...(苦笑)

シングル10枚組BOXで検索掛けたら画像ありました。こんな感じですよ。

https://www.cdandlp.jp/the-police/the-police-box-japan-1987-ltd-11x-7singles-wodden-box-set/7inch-box/r118195770/

2017年07月05日 03:37

comment avater

地味JAM尊

Billboard Chartに価値を見出すかは(年取ってくると)どーでも良くなるのかな?

シングル盤として出たかは微妙ですが(フィル・コリンズの「Who Said I Would」みたいにプロモシングルだけでチャートに入るケースもあるんで)、「SYNCRONICITY Ⅱ」は「King Of Pain」の次にカットされて最高位16位、「高校教師'86」は46位まで上がってますね。その後のBillboardはシングル発売しなくてもチャートに入れるようになっちゃっいましたが、この頃は発売したんじゃないでしょーかね?(「Roxanne’97」の頃はエアプレイのみでもチャートインで来てたと思いますが・・・)

2017年07月05日 14:00

comment avater

K.A.E.

シングルカットしなくてもチャートインするケースがあった...というのは意外な話ですね。やっぱ当時はシングルカットされて普通にPV作ってチャートに入ってくる...というプロセスが一般的でしたからねえ。「SYNCRONICITY Ⅱ」は意外とチャートに食い込みましたね。

私が余りチャートを意識しなくなったのはスキッド・ロウの2ndアルバムが出た時「ビルボード初登場1位を獲得!レッド・ツェッペリンも成し遂げなかった偉業を達成」とかいう話を、実はお金でチャートを買ったという裏話を酒井康が自書で語ってたのを読んでしまったからで、以前ほどチャートのチェックはしなくなってしまいましたね。
まあ、それ以前にチャートインの音楽がブラックミュージックに押されてしまって、自分好みの曲が少なくなってしまった時点で興味は薄くなってしまったんですけど...

2017年07月06日 05:37

コメントの投稿