殿下のパープル・レインのリマスター盤を聴いていたら何故かマイケル・ジャクソンも聴きたくなってしまったので、以前購入した廉価盤5枚組BOXから引っ張り出したのは、やっぱ「THRILLER」。発表が1982年だったというのは今知った(笑)。
偶然にも、このアルバムのプロデューサーだったクインシー・ジョーンズがこのアルバムの未払い印税約10億円を手にしたというニュースが出たのはたまたまなのか?

私が洋楽を本格的に聴く様になったのは、中学時代の友人から借りたビリー・ジョエルのお好みテープと、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったMJのこのアルバムからだったのだけど、グラミー賞7部門獲得の偉業をリアルタイムで知ったモノとしてはホントに当時のMJの人気は凄かった。
微かに覚えてるけど、このアルバムの前にはスクーターのCMに出ていて日本でもそれなりに知名度はあったのだろうけど、勿論それは洋楽聴く人にしか分からない程度のモノだったと思うし、またMTVの台頭によって派手なPVが作られる様になってからは正にMJが望んだ時代になったのではないかと思う。お陰でメディアに取り上げられる事も多くなり、洋楽を聴かない人でも名前くらいは聞いた事があるくらいにまで知名度は上がったと思う。

またこのアルバムでは当時のR&B系のスタイルに固執する訳ではなく、様々なスタイルを吸収した楽曲が爆発的に売れた決め手になったのではないかと。「BABY BE MINE」や「BILLIE JEAN」の様にディスコ(クラブではない)で掛かりそうな曲も入ってるけど、ポール・マッカートニーとのデュエット「THE GIRL IS MINE」や、エディ・ヴァン・ヘイレンがギターソロを弾いてる「BEAT IT」、TOTOのメンバーが作曲に関与している「HUMAN NATURE」など、全体的にポップを意識した作風なのが幅広い層に受け入れられたと思う。

またPVの拘りもハンパなく、「BEAT IT」ではギャングの抗争を取り上げるストーリーにリアル感を持たせる為にMJたっての希望で本物のストリートギャングを起用したり(そのストリートギャング達が踊るのは、今思うと妙な違和感があるけど/笑)「THRILLER」ではMJ本人が狼男やゾンビに変身して圧巻のダンスを披露して、PV史上最高のモノを作り上げたのはご存知の通り。

結果的にシングルは7枚カットされて、私も最初は「BILLIE JEAN」「BEAT IT」「WANNA BE STARTIN' SOMETHIN'」まではシングル買ってたけど、結局後でアルバム買ったんだよなあ(苦笑)。「BEAT IT」や「THRILLER」のPV観たお陰であのダンスの振り付け覚えたり、ムーンウォークを教室の片隅で友達と練習したりと凄く影響されたモノでしたよ。まだHM/HRに手を出す前はこんな事やってたんですね(苦笑)。
当時は散々聴いたハズなのに、久々に今聴いても素晴らしい出来だと思うし、歴史的名盤と呼ばれるのも納得ですな。

極東の島国の田舎に住む、洋楽すら知らなかった中坊にすら影響を与えたMJはホントに凄いと思うし、このアルバムが無かったら洋楽に入る切っ掛けがあったのか?と思う程、こんな凄いアルバムに出会えた事を感謝したい。だからこそ、後の一連のスキャンダルには失望させられたし、このアルバムがMJ自身を変えてしまった切っ掛けになったのはちょっと複雑な気分だったりするのだけど...


「THRILLER」


「HUMAN NATURE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

STUPID DREAM / PORCUPINE TREE (1999)

NOBODY SAID IT WAS EASY / THE FOUR HORSEMEN (1991)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

何度聴いてもいつ聴いても

良いものは良いッてことでしょう。
『今夜日本初!スリラーのPV 完全紹介!』なんていう煽りで、テレビを見た記憶がありますね。テレビ番組の名前とかは覚えてないけど

2017年07月30日 03:57

comment avater

K.A.E.

そーいえば

そんな番組、確かにあったと思います。今思うと、こういうTVで初公開のモノが流される時って結構大袈裟にやってましたよね。スターウォーズが初めてTVで放送された時もタモさんが30分くらい前説やってたのとか思い出しますよ。
「THRILLER」のPVを初めて観たのはこの番組じゃなくてベストヒットUSAでした。ノーカットでこれを友人にVHSテープに標準録画してもらって、後からデッキを買って何度も観ましたよ。ついでに「EAT IT」のPVも入れてもらって(笑)。

2017年08月01日 01:10

comment avater

某音楽馬鹿

私の初マイケルさんのアルバムはバッドでしたが、このアルバムからのPVはMTVなんかで流れまくってたんで観てました。
ただその時はマイケルさんの凄さに気付かなくてどちらかというとスティングさんやボスの方が好きでした、もちろん今はマイケルさんも大好きです。

ちなみに私はVHS録画は全部3倍モードでした(ってこういうネタは今の若い人にはもう通じないんでしょうね)

2017年08月02日 21:39

comment avater

フライヤーズポンタ

某音さん、3倍モードだなんて、ケチですね。(笑)

アナログテープって、すぐ伸びるし、たまに切れちゃったりして、大っ嫌い。

だから、最近のカセットテープ再考現象が理解できない。
大人ならではの遊びなんでしょうが。

MJはなんたって、木梨憲武ですよ。
とんねるずがお茶の間の老若男女にMJを浸透させたのは間違いない。

やっぱ、MJって、唄うまいですよね。だからこそ、King of POP。

2017年08月05日 10:39

comment avater

K.A.E.

某音サンは「BAD」からでしたか!勿論「BAD」も散々聴きましたけど「THRILLER」とは何処か違う雰囲気が感じられたんですよね、上手く答えられませんけどスーパースターになる前となった後の差というべきか、貫禄が感じられる反面何処か脆い部分も感じられたんですよ。

3倍モードは普段毎週観る様なモノだけにして、興味あるモノに対しては通常モード...という風に切り替えてました。当時のベストヒットUSAの年間チャートやMTVのデビカヴァVJの回とか通常で録ったのは良いけど、さすがに20年くらい経つとカビが生えたりしてダメになっちゃいましたけどね。安いVTは何度か重ね録りしてると直ぐ切れちゃうのが困りモノだったなあ...(苦笑)

2017年08月06日 04:40

comment avater

K.A.E.

ポンタさんはアナログテープ嫌いですか?当時はそれしか録音方法がなかったんでかなり使い込んでましたけど、MDやCD-Rが出て来たらあっさり乗り換えちゃいましたね(苦笑)。だってラクなんだもん。
昔は、あと何分くらい残ってるな...って計算してエアチェックでテープぴったりに入れる事をやってたのがホントに楽しかったです。今はCD-Rに入れる時はPCで勝手にどのくらいって表記されるから、ラクな反面味気ない部分も感じますね(笑)。

ノリさんの「BAD」のPVは上手かったですね~。何故かライオネル・リッチー(タカさん)が出てきたり(笑)。あと「BATDANCE」のパロディも何気にクオリティ高かったし。こういうギャグにするモノが今は無いですからね。もし作ったとしてもミュージシャン側がマジ切れして謝罪...なんてパターンが目に見えてるし。そういうトコが今のミュージシャンがスーパースターになれない理由なのかも。MJなんて「EAT IT」や「FAT」で大笑いして、後にアル・ヤンコヴィックを自分のPVに出演させてたくらい懐が深いのに...

MJは確かにポンタさんの言うとおり歌上手いですよね。ダンスの方が強烈過ぎて歌が二の次みたいな感じになってますけど、実際は歌あってのダンスという基本は崩さなかったんですよね。改めて本当に凄かったと思いますよ。

2017年08月06日 04:56

コメントの投稿