いよいよあと2ヵ月後に待望のマリリオンの来日公演が観られると思うとワクテカが止まらない~(笑)。
私が観たくても来日してくれないミュージシャン3組のウチの1つであった彼等が(残る2つはプリンスとラッシュだったのだけど、ラッシュはツアー撤退、殿下は亡くなられたので結局観る事が叶わなかった...)23年振りに来日公演を行なうとなっちゃファンとしては絶対に行かない訳にはいかないと...ええ、2日間行きますよ!

気が付けば彼等の存在を知ってから随分な月日が経っているけど、未だに彼等の音楽は大好きで飽きる事は全くない。長いキャリアの中での作品群は気分によっては聴くのを躊躇うモノもあるけど、気分を落ち着かせたい時や浸りたい時には彼等の音楽は正に打ってつけなのだ。
昨夜は急に会社から有給取って良いよという言葉を頂いたので、就寝前に彼等の最新作「F.E.A.R.」を聴いてたら余りの素晴らしさに目が冴えてしまうという浸り過ぎ現象(?)が起きてしまう程だった。

そんな彼等の89年から95年までのEMI在籍期間に発表されたシングルの音源をひとまとめにした4枚組CD「THE SINGLES VOL 2 '89-95'」を今回はチョイス。発表は2013年。
たまたまHMVからのメールでセールのお知らせが来てたので暇潰しにチェックしてたら、このCDが¥1000で売られていたので迷わず捕獲したのだ。

89年と言えば前ボーカルのフィッシュが脱退し、現ボーカルであるスティーヴ・ホガースが加入して「SEASONS END」を発表した年で、95年は「AFRAID OF SUNLIGHT」を発表した年...その間にアルバム4枚発表してるので、その時期の楽曲がこの4枚組に殆どの割合を占めている。
私はマリリオンの1stから8thまでのCDはリマスターされた2枚組を所持してるので、その2枚目に収録された未発表曲やデモ音源と被るのでは?と思ってたのだけど、実際に被ってるのは半分くらいで残りは当時のシングルverやライブ音源などが収録されていたので、それなら¥1000でも十分お得な内容だと。

で、そのポイントとなったライブ音源の中でも一際私の心を捕らえたのは「WARM WET CIRCLE」と「THAT TIME OF THE NIGHT」、「SUGER MICE」などの4thアルバム「CLUTCHING AT STRAWS」から楽曲のライブ音源と、「SEASONS END」時の同アルバムからのライブ音源。特に「CLUTCHING AT STRAWS」の楽曲をMr.h(ホガースの事です)が歌ってるのは凄く興味深かった。
ライブDVDなどでちょこちょこ演奏されていたのは知ってるのだけど、Mr.hが加入した頃のライブは聴いた事がなかったし、また前任者のアクの強いボーカルスタイルをどの様に歌いこなしてるのか凄く興味があった。また4thアルバムがお気に入りという事もあるんだけど。

Mr.hが加入した頃のマリリオンはフィッシュの脱退を惜しむ声が多かったらしく、Mr.hに対しては個性がないという事で賛否があったし(少なくともBURRN!では)音楽性もそれまでのジェネシスに近いスタイルからの脱却を図った事も影響して風当たりは強かったけど、私は「SEASONS END」が初めて聴いたアルバムだったので、むしろこういうバンドなんだという事で違和感は全くなかったし、むしろフィッシュ時代の方が余りピンと来ないという変な人なんで(笑)そういう人にはこのCDは十分に楽しめると思う。

名盤「BRAVE」のver違いなども収録されているし”マリリオンとはどんなバンド?”という問いには、彼等の全てではないけど初心者に聴かせるには分かり易いCDじゃないかと。気に入った曲があれば、その曲が収録されているアルバムを聴いてもらえば良い訳だし、最近のアルバムとは違い比較的分かり易い楽曲が多いのもポイント高いと思う。

来日公演ではどの曲が演奏されるのか全く検討つかないけど、出来ればこの時代の楽曲も数曲プレイしてほしいなあ。思い入れのあるアルバムでもあるし。さすがに「BRAVE」再現なんてやれないだろうけど、最新作も相変わらず素晴らしいので、この23年間の鬱憤を晴らす様な素晴らしいライブを彼等には期待したい。


「EASTER」


「THE GREAT ESCAPE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HEAVY CROWN / LAST IN LINE (2016)

I AM I / NUCLEAR VALDEZ (1990)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

マリリオンはバンドのサイトからの通販とかで色々と音源出されてるんで集めるの大変です~。

このブツも存在するのを知らなかったです、でも1000円は安いですね。

個人的にマリリオンに関してはフィッシュさん時代の音を聴いたのはかなり後なんでスティーヴさんの歌ってるのがマリリオンっていう気持ちが強いです、フィッシュさんの歌ってるのを初めて聴いた時はほとんど別のバンドみたいな感じがしましたから。

来日はもうすぐですね、楽しんできてくださいね。

2017年08月20日 17:03

comment avater

K.A.E.

このCDは、以前umeサンが自身のHPで紹介されてたのを見て気になってたんですが、当時のCDはちゃんとCDシングルのジャケに入ったBOXセットだったんですよね。確か12枚組だった気が...

オフィシャルサイトのCD群はとてもじゃないですけどコンプは無理でしょ。既に廃盤扱いになってるのもあるし、そんなにライブ音源も揃える必要はないですしね。アレはマリリオンしか聴かないって人向けなんじゃ...(苦笑)。

VOL 2って事は当然VOL 1もあるんですが、フィッシュ期のモノは特に必要ないかな?と。フィッシュ期はオリジナルアルバムとBサイド集を持ってるんで、それで十分事が足りますしね。

しかし、早くもあと2ヵ月後...ちょこちょこ予習してるんですが、やっぱこのバンドの音は染みますねえ~。

2017年08月22日 05:37

comment avater

グラハムボネ太郎

マリリオン!

って喜ぶ程は聴いていないバンド。フィッシュ時代は歌い方がピーガブのコピーみたいに聴こえて。だったらピーガブのジェネシスを聴くと。
で、ボーカル変わった『ブレイヴ』を聴いたけど、、、特にでした。
でも、アレから30年? 私の耳が大人になってますから、今聴いたらファンになるかも(笑)

2017年08月22日 07:34

comment avater

K.A.E.

好みがはっきり分かれるバンドですよね。
私は第一印象でかなり好感を持ったんでそのままファンですが、フィッシュ期に関してはそれほどでもない感じです。とはいえ、3rdと4thはかなり大好きですけどね。
洋楽聴く人達にも勧めてるんですが反応は薄いですね。彼等が日本で人気がないのは、やっぱ「暗い」「地味」ってトコなんでしょうか?そこが良いのになあ...
フィッシュの歌い方は、私的にはピーガブというよりフィル・コリンズの方がアタマに浮かびますね。歌いまわしとか発音が似てるのかな?

2017年08月23日 05:43

コメントの投稿