久々にCD引っ張り出して聴いたらテンション上がりまくりで「やっぱ良いなあ~」と思わず唸ってしまう(笑)VOW WOW渾身の3枚目のアルバム「VOW WOW Ⅲ」を今回はチョイス。発表は1986年。

1986年といったらポリスがベスト盤リリースして解散か!?と騒がれていた頃で、私自身はちょうど洋楽チャートを本格的に聴き始めた時期だったので、このアルバムがリリースされた時にはこのバンドの事は存在すら知らなかったし、まだHR/HM系のミュージシャンもボン・ジョヴィくらいしか知らなかった時期だった。それが今頃になって未だに聴いてるのも何だか不思議な感覚なんだけど(苦笑)。

以前も書いたけど、いわゆるジャパメタと呼ばれてたバンドへの私が感じてた最初の認識は”海外バンドの二番煎じ”的なモノだったのだけど、改めてCD買って聴いたらジャパメタという言葉自体、殆ど蔑視的なモノじゃないか?と思う様になった。日本のHR/HMバンドだって個性的で良いバンドが多いと思うまでに結構な時間が掛かってしまったけど、それは単にイメージだけで捉えてた部分が大きかったと思うし、音楽自体を斜に構えて聴いてた部分も大きかったと思う。出身地が何処であろうと音楽が良いモノは良いのにね。

このバンドに関しては、このアルバムで前作とは比べ物にならないくらい進化を遂げたと感じたし、そのまま海外でも十分通用するモノを作り上げたんじゃないかと。そんなアルバムだからこそ従来のファンの人気も高いし、バンドの全盛期といってもおかしくない内容だと思う。知らない人が聴いたら絶対に洋楽だと思うし、時代が時代ならそれこそ売れに売れた作品だったんじゃないかと。
何といっても楽曲の充実感が凄い。「GO INSANE」から「PAINS OF LOVE」まで全10曲、テンションが高く、捨て曲無しであっと言う間に聴かせる構成はホントに見事としか言い様がない。
お気に入りはほぼ全曲だし、中でも「GO INSANE」「SHOT IN THE DARK」「RUNNING WILD」「SHOCK WAVES」「NIGHTLESS CITY」「STAY CLOSE TONIGHT」「YOU GOT IT MADE」は自分で編集した車内で聴くCD-Rにも入ってるくらい大好きな曲だ。

当時の活動状況とかリアルタイムで追ってないので全く知らないのだけど、何処かで読んだ話では一度は完全に録り終わってたのに、プロデューサーのトニー・プラットがテープを消去してしまい、慌てて録り直して大急ぎで何とか完成させたという事で、そんな事情があったお陰か山本恭司さんは今でもこのアルバムの出来に不満があるという話らしい。確かにコーラスの整合感とか雑な部分も感じられるけど、私はラフな音でも十分にカッコイイと感じてしまうのでコレはコレで好きなんですけどね。まあ何と言っても楽曲の良さが全てなので、作り手側としては思うトコが沢山あるんでしょう。

次作の「V」と同様、双璧を成すアルバムとして甲乙付けられないアルバムなので、気分によって(というか聴きたい曲によって)聴く感じかな。もしコレが「V」と2枚組だったらとんでもない評価になってたんじゃないかと思うけど、ホントに素晴らしい歴史的名盤として語られるHRアルバムだと思う。


「SHOT IN THE DARK」


「SHOCK WAVES」




ちょうど昨年の今頃にラウドパークの大トリで来るという事で「コレは観に行かねば!」と思いきや、結局仕事の休日関係の調整が上手くいかないで観られなかった蠍団。友人のtaroサン&めそ子サンは悲願の蠍団のライブで涙したという話を聞いて、非常に惜しい事を...と枕を噛んで別の意味で涙しましたよ(苦笑)。おまけにフランシス・ダナリーのライブも観られなかった事もあってホントに散々でした。でも今年は悲願のマリリオンが観られるので良しとするけど。

そんな蠍団のリマスター再発盤は値段が高くてなかなか揃えられないのだけど、やっぱ主要なモノだけは廃盤になる前に押さえておかねば...って事で発売と同時に購入したのが、以前レビューに書いた「SAVAGE AMUSEMENT」と今回のお題である「WORLD WIDE LIVE」。発表が1985年って、私はまだ高校生の頃ですよ(笑)。

蠍団はこのライブ盤の前作「LOVE AT THE FIRST STING」から一応知ってたのだけど、何せ中坊のガキにはあのジャケは刺激が強すぎて(今じゃ何とも思わないけど、当時はあれでも結構エロいと思った)何か聴いちゃいけないモノじゃないか?と思っていた(笑)。まあ「VIRGIN KILLER」(勿論オリジナルジャケット)に比べれば何て事ないんだけど...
また当時はそれほどHR/HM系には興味も無かった頃で、音楽番組で「ROCK YOU LIKE A HURRICANE」のPVを観たくらいな記憶しかない。まあ後に後追いで聴いてるけど、当時は何で檻の中で演奏してるの?と不思議に思ったモンだ(苦笑)。

そんな蠍団の全盛期にあたるライブ盤となれば外れる訳がない。もう最初っから最後までテンション上がりっぱなしのベストライブで、ウリ・ジョン・ロート期が好きな人以外は誰もが認めるモノじゃないかと思う。クラウス・マイネも相変わらず上手いけど、これを聴くとマティアス・ヤプスはつくづく過小評価されてるなあ...といつも思う。ルドルフ・シェンカーの方に注目集まりやすいけど、派手になりすぎずポイントを押さえた的確なプレイというのは、マティアスのこういうプレイの事を指すのでは?

選曲も殆ど80年代の楽曲寄りとはいえ良いチョイスと思うし(出来れば「LOVE DRIVE」が入っていれば嬉しかったな)アメリカで大ヒットしてた頃だから前作・前々作からのライブ音源となれば観客だって大盛り上がりになる訳だし、正に理想的なライブ盤ではなかろうか。
映像の方は、当時の”如何にも80年代”なスタイルが懐かしくもあり少々ダサくもあるんだけど、当時からのファンはやっぱコレなんだろうなあ。でも今観るとホントに全員若い!!

この成功によってどんどんアメリカナイズされていってしまい、お陰で蠍団から距離をおくことになったのは少々残念だったけど、逆にこの成功があったからこそこれほどまで長い活動が出来たんだろうなあ。余裕がある時にでも90年代の活動もチェックしてみるのも良いかも。


「ROCK YOU LIKE A HURRICANE」


「BLACKOUT」




やってしまいました。チープ・トリックのソニー時代の旧譜がBSCD化紙ジャケリマスター盤で再発されるという情報を聞いてからちょっと考えてみて、どーせ買うならディスクユニオンでボックス付き買った方が良いだろう...って事で、久々の高額購入。数年前に輸入盤で同じ枚数のボックスセットが発売されてて、値崩れを待ってたらいつの間にか生産終了となって逆にプレミア価格になってたという失態を犯したので(一時期¥7000くらいまで落ちたのに、¥30000超えになった時は正直「やっちまった」と/苦笑)今回は未発表曲も大量に入ってるとの事だし、結果オーライだったとは思うけど12枚組で¥26000超えはやっぱ考えちゃうよなあ。
しかも、ここに来てサンダーの来日公演が来年1月に決定して、今回は公演毎にセットリストを変えるらしいので2日行くつもり。
お陰様で、暫くCD買えません(苦笑)。まあ、新作で欲しいモノは今のトコ復活したブラック・カントリー・コミュニオンと、久々のジェフ・スコット・ソートのソロ作くらいしかないのが救いだけど。なので、暫くはこのブログも旧譜中心になりそうですね。

さて、早速今まで聴いてなかったデビューアルバムをようやく聴く事が出来たので、今回は1stアルバムをチョイス。1977年...今から40年前(!)の作品。そう考えると、ロックの歴史ってもう相当な年月が経ってるんだなあ...と実感。しかも今の時代に後追いで聴いてるのも何か変な気分(笑)。

ベスト盤では数曲聴いてるけどアルバム全体で聴くのは今回初めてで、聴いてみた感想は一言で言うと「ロックしてるなあ」と。
私が彼等との最初の出会いは、トム・ピーターソンが復帰して「THE FLAME」(邦題:永遠の愛の炎←しかし、今思うと凄い邦題だな...)が全米No.1でバンドも復活した時だったので、その当時に後追いでこのアルバム聴いてたらかなり印象が変わってたと思うくらいロックしてる。「THE FLAME」はどちらかというとAORに近いノリだし。
元々このアルバムはジョン・レノンにプロデュースを依頼してたらしいのだけど(つーか、何でバンドとジョンに親交があったのかはよく知らないけど、ジョンとロビンを除くメンバーは一緒にセッションしていて、ジョンのボックスセットにその音源が残ってるのは有名な話)もし実現してたらどんな感じになってたのか興味あるなあ。

でも、デビュー当時から言われてたビートルズとの類似性はこのアルバムではそれほど感じられなかった。メロディアスな楽曲はバンドの代名詞と言われるくらいだから十分分かるんだけど、例えば「HOT LOVE」やワイルドハーツがカヴァーした「HE'S A WHORE」辺りはパンキッシュなノリで、バーニーのあの風貌でこんな曲叩いてたと思うとちょっと笑いが(笑)...いや、非常にカッコイイ曲なんですけどね。
シンプルなメロディに骨太で荒削りな音像は後のポップ路線を余り感じさせない作りとなっているけど、これはエアロスミスを手掛けてたプロデューサーのジャック・ダグラスの影響が強いんじゃないかと。「THE BALLAD OF T.V. VIOLENCE (I'M NOT THE ONLY BOY)」なんかはそのエアロスミスに近い雰囲気を感じさせるし。

今回のリマスター盤では1曲目が「HOT LOVE」だけど、元々バンド側は意図してたのは「ELO KIDDIES」だったらしく、どーしてこういう事が起きたのかというと、当時LPの表記ではA面B面というのに対しサイド1とサイドAという表記だった為に、初CD化の時にレーベルのミスで「HOT LOVE」が1曲目になったという事らしいけど、こんな面倒な表記をする事自体混乱するだろうに(苦笑)。
曲順の違いは結構色んなアルバムで見受けられるけど、こういうのってその時に手にしたモノによってそれが基準となるから印象も変わってくるとは思う。両方共良い曲だからオープニングには違和感はないんだけど。

ボーナストラックは10曲収録されていて、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァー曲とかはトム・ピーターソンのボーカルで正直退屈なんだけど(あくまでも私の主観です)特出したいのは次作に収録される「I WANT YOU TO WANT ME」(邦題:甘い罠)のアレンジ違いバージョン。コレはオリジナルやライブバージョン聴きまくってた耳にはかなりカッコイイ出来に聴こえた。正直メロディが甘いなあ...といつも聴いてて思ってたんだけど、このバージョンは全体的にソリッドな感覚でかなり気に入ったな。

ツメの甘い部分もあるけど、デビューアルバムとしては完成度は高いのに何故かアルバムはチャート200位内にも入らなかったという話だけど、バンドのファンにはこのデビューアルバムこそ最高という話もよくネットで目にする。バンドの基本的な部分は既に出来上がっていたとは思うけど、私的にはやっぱ全盛期の頃のアルバムを評価しちゃうなあ。勿論、良いアルバムには間違いないのだけど。


「HOT LOVE」


「ELO KIDDIES」




以前から聴いてみたいと思ってた、ローマ字で読むと”ダンガー・ダンガー”(読まないって)もとい、デンジャー・デンジャーの現時点での最新作「REVOLVE」をやっと入手する事が出来た。中古の国内盤でも¥2000くらいだったのでちょっと考えたけど、なかなか見付からなかったんで逃したら何時手に入るか分からなかったので今回捕獲しておいた。2009年発表って、結構年月経ってますねえ。

何故以前から聴いてみたいと思ってたかというと、今年の初めにボーカルのテッド・ポーリーが新バンド:トーキョー・モーター・フィストを聴いた時に凄く良いメロディアスハード系なアルバムだったので、それなら本家の方はどんな感じなのだろうか?という興味が湧いたから。調べてみると、初期のアルバムも売れただけあって良い出来みたいだし(某音サンやボネ太郎サンもお薦めしてましたしね)後期も大分落ち着いたとはいえ相変わらずメロディの質は良いみたいなレビューを目にしてたので、とりあえずの1枚でこのアルバムにしたと(初期のアルバムはジャケットが結構ダサいのが.../苦笑)。このジャケは普通にカッコイイと思うけど。

という訳で、このバンドの事は殆ど何も知らないんだけど(苦笑)デビュー当時の派手なイメージとは違う、意外ときっちりとした音作りが耳に残る印象を受けた。キャッチーなメロディの中に少しだけ哀愁を感じさせて、それが湿っぽくなく逆にカラッとした爽やかなイメージは如何にもアメリカのバンドらしいなと。
とにかく前半1曲目から5曲目までの流れが素晴らしい。いや後半もその流れをキープしていて良いんだけど、メリハリの付いた選曲が非常に上手いと思った。切なさを感じさせる「KILLIN' LOVE」から一転、キャッチーなサビが心地良い「HEARTS ON THE HIGHWAY」は正にメロディアスハードのお手本といった感じで凄く気に入った。

このアルバムがどの位売れたのか知らないけど、時代が時代ならかなり売れたんじゃないかと思う。今のシーンじゃ絶対に無理だろうけど、80年代のHR/HMブームなら間違いなく名盤に数えられそうなアルバムかと。やっぱ曲作りが上手いバンドは強いなあと改めて思った。
しかし、このバンドのメインライターはベースのブルーノ・ラヴェルとドラムのスティーヴ・ウェストが担当しているらしく、この2人を一緒に曲作りさせるには相当な苦労が伴うとか何とかで、残念ながらこのアルバム以降新作を作る気配がない。

でもまあ、過去作を殆ど聴いてないんで、まずは過去作を辿るのが先で良いかな?と。ブルーノ・ラヴェルにはザ・ディファイアンツなる新バンドもあるし、このアルバムもまた評価が高いんで聴くのが楽しみだ。


「HEARTS ON THE HIGHWAY」


「KILLIN' LOVE」




ここ最近はずっとポップだったりプログレばっか聴いてたので、久々にハードロックに戻ってコレをチョイス。ヴィヴィアン・キャンベルが結成したバンド:ラスト・イン・ラインのデビューアルバム「HEAVY CROWN」。発表は昨年の2016年。

そもそも何で今更このCD買ったのかというと、たまたまディスクユニオンのサイトを覗いてチェックしてた時にDVD付き限定国内盤が新品¥2100で売られてたので、それなら聴いてみようかとポチった訳。
しかし、国内盤はあのワードレコーズでDVD付きは定価¥3800+税。幾ら何でも高過ぎでしょ!?これなら絶対輸入盤のDVD無しを選ぶリスナーは多いと思う。この金額で国内盤買う人達ってヴィヴィアン・キャンベルのファンくらいしかいないと思うけど、果たして日本にヴィヴィアン・キャンベルのファンはどのくらいいるのだろうか?ファンの方には申し訳ないけど、そう大勢いるとは思えないんだけど...って言いつつも、グレン・ヒューズの時はDVD付き国内盤買っちゃいましたけどね(苦笑)。まあ、あの時は割引率が高かったからまだ買えたんだけど、定価だったらファンでもやっぱ購入は控えるかな。

このバンドを結成した理由は、ヴィヴィアンが再結成シン・リジィ(と書くには余りにも別モノ過ぎるんだけど/苦笑)のツアーに参加した時にギターを弾きまくって快感を覚えて「もっとギターを弾きまくりたい」という欲求から、以前ディオで一緒だったバンドメンバーのヴィニー・アピスとジミー・ベインに声を掛けてバンド結成となった運びらしい。因みにボーカルはロニー・ジェイムズ・ディオ...という訳にはいかないので(ロニーが存命でもありえない話かと)元リンチ・モブのアンドリュー・フリーマンが務めている。因みにプロデュースはドッケンのジェフ・ピルソンが担当している。

ロニーが逝去後に結成されたという事で出来過ぎな話だとは思うけど、ヴィヴィアンがディオを脱退した当時は正直円満な別れ方をした訳じゃなかったし、ロニー自身晩年はヘヴン&ヘルでヴィニーと一緒に行動していた事もあったから、ロニー亡き後にヴィニーを誘うにはこのタイミングだったんだろうなあ。

ともあれ、このバンド名でこのメンバーだと想像するのは勿論ディオの1st~3rdの音楽路線だと誰もが思う事だし、実際に国内盤の帯には”ロニー・ジェイムズ・ディオの魂に捧げる鎮魂歌”と書かれていて、確かに当時の音楽性には近い路線だけど、声質や歌メロがロニーのそれとは違うボーカルのお陰でそのまんま踏襲してるというにはちょっと違うんじゃないかと感じた。
ジェフ・ピルソンがDVDでアンドリューの歌唱をグレン・ヒューズに近いと称していたけど、確かにグレンに似た雰囲気は持っているけど、あそこまで突き抜けた声を持ってる訳じゃないのでこの評価はちょっと分かれるかな。私はグレンのファンだけどアンドリューの歌唱力も結構良いと感じたし、このバンドの音に十分合っていると思う。

ディオのファンならロニー不在を感じて微妙に思うし、今じゃこのテの音楽性は古典的になってしまって目新しさも感じないんだろうけど、それだからこそ私は十分に楽しめたし気に入りましたよ。ミドルテンポの楽曲が多いって指摘もあるけどそれほど気にもならなかったし、ヴィヴィアンが公言してた通りギターを弾きまくってるのが何よりカッコイイ。
リヴァードッグスとはまた別モノの音楽性だし、勿論デフ・レパードのそれとも違う。良い具合に住み分けが出来て、様々なスタイルを楽しんでるのはヴィヴィアンにとって良い音楽活動なんじゃないかと。

このアルバムのリリース前にジミー・ベインが亡くなった事もあって思う様な活動が出来なかったみたいだけど、既に次作の構想があるみたいで、上手くいけば今年中にリリース出来るとの事(まあデフ・レパードの活動もあるから今年中は無理だと思うけど)。ジミー・ベインの後任は元オジー・オズボーンのフィル・スーザンで、キーボードには何とラナ・レーンの旦那で元エイジアのエリク・ノーランダーという布陣らしい。早くも次作が楽しみ...だけど、またワード・レコーズで出すの?(苦笑)


「DEVIL IN ME」


「STARMAKER」