最近は歳取ったお陰ですっかり激しいHMを聴く機会が随分減った。元々私はHM/HRを最初に聴いてた訳ではなく80年代当時のヒットチャートから洋楽に入ったんで、激しい音楽はHR/HM系がチャートを賑わせてた頃から掘り下げていった感じだった。
有名どころから更に踏み込んでいったコアなモノまで一通り聴いてみたけど、やっぱ年齢と共に聴く機会は減っていった。
それでもたまに激しい音が聴きたくなるんで、自分の好きな路線の音だけは今でもCDは残している。今回のお題であるフィア・ファクトリーは、そんな歳取った自分でも結構好きなバンドで、たまに聴きたくなる音楽性だったりする。
そんな彼等の2ndアルバムにして最高傑作との呼び名も高い「DEMANUFACTURE」を今回はチョイス。発表は1995年。

実はこのアルバム、リリース当時に聴いてた訳ではなく随分後になってから購入したモノで、廉価盤6枚組ボックスセットで購入したモノ。このボックスセットを購入したお陰でこのテの音楽性もまだまだイケるなという事が分かったので(笑)今でもたまに聴いてたりするのだけど、このボックスセットの中でも1stアルバムの「SOUL OF A NEW MACHINE」と幻のデビュー作と言われる「CONCRETE」だけはどーしても好きになれない。彼等の代名詞であるインダストリアルとHMの融合スタイルはまだ確立されてなかった頃の作品なんで、曲だけ聴くとただのデスメタル/グラインドコア路線という私が一番苦手のスタイルなのだ(苦笑)。

なので、このアルバムから完全にバンドの個性が浮き出た訳だけど、インダストリアルの要素が入ってるからといって全て打ち込み系で作ってる訳ではなく全てバンドの演奏によるモノというのがかなり重要。特にドラムのキレがハンパなく、よくこんな叩き方出来るなと感心しきり。当時のドラマーはレイモンド・へレーラという人らしいけど、勉強不足のお陰でよく知りません。脱退した後も全然話を聞かない人なんで、今何処で何をしてるんでしょうか?

このテの音で想像するのはやはりミニストリーやナイン・インチ・ネイルズだと思うけど、彼等よりもヘヴィでHMの音楽性を全面的に出してるスタイルは凄く好感が持てる。NINやミニストリーの初期なんかは、バックボーンはHMというよりもニューウェイヴに近かったりするし。あとスリップノットがデビューした当時は「デジタル化したスレイヤー」という表現があったけど、その表現は正にフィア・ファクトリーに与えるべきだったと思うけどなあ。
それと私がこのバンドを聴くに耐えうるのは(笑)バートン・C・ベルのボーカルスタイルにあると思う。ただのデス声だったら、幾ら音楽性がカッコ良くても付いていけないのだけど(例えばカーカス)バートンのスタイルはデス声というよりもパンテラのフィル・アンセルモに近いハードコアスタイルなので聴いてて聴き疲れがしないのだ。コレは非常に重要かと。

このアルバムがリリースされてから実に20年以上も経ってる訳だけど、今聴いても古臭さは微塵も感じない。それは私が初めて聴いてからそれほど年月が経っていないからかも知れないし、リリース当時から聴いてるリスナーにとっては馴染み深い事もあって年月の差を感じる事はあっても、インダストリアルという近未来的なイメージから連想する音世界から古い印象は受けにくいモノだと思う。今更ながらホントに恐れ入りました...


「DEMANUFACTURE」


「NEW BREED」




先週末にサンダーの日本公演2日間行ってきました。
今回のライブは大阪公演も含めて3公演の内容を変えて演奏されるという事と、事前にファンからネットにてリクエストを募るカタチを取ってそれを反映させるという趣旨のモノだったので、私もリクエストを4曲入れたんですが結果は全部アウト。いつもの定番曲を中心とするライブにマンネリを感じてたんで、幾ら新作からもプレイされるとはいえ余りライブじゃ演奏されない良い楽曲だってサンダーには結構あるので、私はそのテのモノで自分が聴いてみたいモノを選んだつもりだったんですがねえ...(苦笑)

実際には、新作・前作からの楽曲やド定番な楽曲はともかく、1stからの楽曲が多い選曲にはちょっと納得がいかなかった。幾ら1stが名盤だからといって「演奏すれば盛り上がるだろ?」的な安直に狙うスタイルは正直残念だった。もっと攻めた選曲で納得させてほしかったなあ。
両日比べて前日との違いは4曲入れ替えただけの構成も期待外れ。マリリオンみたいに観客の斜め上を行く選曲なら納得出来るけど、カヴァー曲入れるくらいならそれこそリクエスト反映させた方が「おおっ!」ってなるのに。それでも毎回の如くバンドの熱演は素晴らしいし、いつ観ても楽しいライブだとは思うけど、この程度なら次回は1公演のみでいいやって事になってしまうよなあ。
とまあ、文句ばっかですが(苦笑)彼等のファンだからこその苦言って事でご了承を。

そんな彼等の通産8作目の作品となった「ROBERT JOHNSON'S TOMBSTONE」を今回はチョイス。発表は2006年。もう10年以上も前の作品なんですねえ、時間の経つのは早い...確か日本盤はなかなか発売されなくて翌年にようやく発売されたんだよなあ。

このアルバムは、サンダーのアルバムの中でもタイトルにロバート・ジョンソンの名がある様に結構ブルージーな部類に入る作品で、次作「BANG!」では更にその路線を突き詰めた結果、再解散という道を辿る事になった訳だけど、元々ダニー・ボウズの歌唱スタイルがソウルフルに溢れたモノなのでこういった路線に彼等がハマるのは当然の事で、勿論このアルバムも私のお気に入り。ブルージーでありながらも若干ヘヴィな音像で、そこにバンド独自のスタイルが乗る訳だからファンにとっては魅力的にならない訳がないと。

「DIRTY LOVE」や「SHE'S SO FINE」みたいに、典型的なブリティッシュハードロックではあるけど何処かポップな雰囲気も兼ね備えてるのがこのバンドの特徴だけど、このアルバムでは全体的にヘヴィでブルージーなスタイルという事でそのポップな雰囲気は余り感じられない。私が今回のライブのリクエストに押した「WHAT A BEAUTIFUL DAY」辺りでしかそのポップな感覚が感じられるくらい。
ヘヴィだからといって重苦しいという訳ではなく、メロディアスなのはデビュー当時から一貫してるので安心して聴けるので問題ない。ただ、バンドのシリアスな面が感じられるのはヘヴィな音像の影響だと思う。歌詞の内容がコミカルでよくライブでもプレイされる「THE DEVIL MADE ME DO IT」でさえ、おちゃらけてなく幾分スマートに感じるし。

私のお気に入りは「DIRTY DREAM」「THE DEVIL MADE ME DO IT」「LAST MAN STANDING」「WHAT A BEAUTIFUL DAY」「STUBBORN KINDA LOVE」がベスト。「STUBBORN KINDA LOVE」も今回のリクエストに押した楽曲でした。
日本盤にはボートラで「I'M IN HEAVEN」「THE GIRL IS ALRIGHT」の未発表曲と、「FADE INTO THE SUN」「I LOVE YOU MORE THAN ROCK 'N' ROLL」のライブverが収録されているのでかなりお得ですな。

3月には今回のツアーの模様を収めたライブ盤が発表されるらしいけど、その選曲も今回の日本公演にかなり近い選曲なので何だかんだ文句言いつつも買っちゃうんだろうなあ(苦笑)。まあ、バンドが今もなお活動してくれているだけでも良しとしますけどね。


「THE DEVIL MADE ME DO IT」


「STUBBORN KINDA LOVE」




バンド結成から既に40年以上も経っているのに(今年で48年目!)このアルバムが初めてのソロアルバムとなったエアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラーの「WE'RE ALL SOMEBODY FROM SOMEWHERE」を今回はチョイス。リリースは2016年。

エアロスミスの現時点での最新作「MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION!」が2012年で、その最新作が全く良い評判を聞かなかったし実際にYOU TUBEで数曲聴いても全然ピンと来なかったんで結局買わなかったんだけど、その前の「HONKIN' ON BOBO」も何故か買っておらず(苦笑)、結局2001年の「JUST PUSH PLAY」以来、随分と久しぶりに彼の歌声を聴くなあ...と感慨深くなってしまった。

別にエアロスミスを避けてた訳じゃなくて、単に私の購入のタイミングが合わないだけの話なんだけど、こうして見ると思ったよりもアルバム出してないんだなと感じた。復活後の80年代から90年代に掛けて名盤がリリースされまくった事もあるんだろうけど、新作リリースの旨を聞いても「あ、出すんだ」ってな具合で、それじゃ近いウチに買わないと...と思ってるウチに記憶から消えてしまうと(記憶喪失かよ?/苦笑)。これから私も更に歳食う訳だし、こういう事が頻繁に起こりえるかと(笑)。

ともかく、このアルバムも最初発表されるという話を聞いた時は「あ、珍しいな。しかもカントリーだって?」という感じで余りピンと来なかった。でも、スティーヴンも既に還暦を越えてる訳でバンドとはまた違う事をやってみたくなったのかな?と思い、少し気にはなっていた。
で、何気にアマゾンで新譜情報を探ってたらこの輸入盤CDが¥1100弱で売られていたので即ポチったという訳。国内盤と比べても曲数同じなのをちゃんと確認する事は忘れない(笑)。

まず一聴して思ったのは、この歳になっても声がちゃんと出ている事。コレは素直に感心した。さすがにもう結構キビしいんじゃ...と思いきや、普通にバンドで聴ける歌声と変わりなかったのは凄いなと。何処ぞバンドのボーカルさんみたいに何音下げて歌ってるの?という違和感がないのはさすがですね(苦笑)。

肝心の音楽性に関しては、最初にカントリーミュージックという話を聞いてたお陰かも知れないけど、それほどカントリーっぽいイメージは無いと感じた。もっと退屈な印象を受けるかと思いきや結構ロックしてる部分もあるし。タイトル曲や「HOLD ON(WON'T LET GO)」なんかは最近のZZ TOPみたいな印象を受けたけど、こういうスタイルなら今のエアロスミスにも十分にハマりそうな感じだと思う。
エアロスミスと比べると全体的に緩い感じな構成なので、リラックスして聴くには最適なモノかと。抜きん出ている楽曲がある訳じゃないのが致命的だけど、スティーヴンの歌声が好きな方にはまず安心して聴けるとは思う(エアロスミスの音が好きな人やカントリーがダメな人には薦められないけど)。確かにこれじゃバンドでは演れないよなあ。
個人的なお気に入りは「GYPSY GIRL」「ONLY HEAVEN」「RED, WHITE&YOU」かな。エアロスミスの「JANIE'S GOT A GUN」のセルフカヴァーが入ってるけど、オリジナルが好きな人にとっては地味過ぎる仕上がりかも(私もこれは別に演らなくても良いんじゃないかと思った)。

思ったよりも結構楽しめましたね。HRに聴き疲れした時に軽い気分で聴くにはホントに最適なアルバムだと思う。エアロスミス自体もフェアウェルツアーを正式発表したみたいだし、バンドの終焉が近付く今、スティーヴンのバンド後の音楽人生はこういうスタイルで行くのかな?声が出る限り続けて欲しいなあ...


「LOVE IS YOUR NAME」


「ONLY HEAVEN」




明けました。今年も宜しくです。

さて、今年一発目は昨年末に届いたブラック・サバスの「THE END」(正月早々からジ・エンドってのも何だか/苦笑)。昨年の2月4日に地元バーミンガムで行なわれた最後のライブの模様を収めたモノで、私は輸入盤のブルーレイ+CDのモノを購入。
国内盤は定価が¥8000以上もするのでなかなか手が出ないから、色々と探って結局ジョーシンで輸入盤¥3000以下で手に入れる事が出来た。ただ、本編のライブCDは付いておらず、アンジェリック・セッションというスタジオで収録された本編のライブで演奏されなかった5曲を収録したモノが付いている。まあ後でCDも欲しくなったら輸入盤で購入すれば良いし、結果的に国内盤買うよりも安く済ませられたので満足ですよ。

やっぱブルーレイの画質は最高で、以前の「REUNION」のDVDみたいに本編の途中で余計なインタビューなど入ってないのは凄く良い。何でも今回の映像監督はレッド・ツェッペリンの再結成ライブ盤を手掛けた人らしく、作りはそのZEPの映像版とよく似た構成になっている。そう、観客の抜きがとにかく多いのだ。まあ、途中でライブを遮られる訳ではなく、その場にいた人達を撮っている訳だから臨場感もあるし、何よりリアルタイムで経験したであろうお年寄りからHM/HR界の伝説を一目観る為に来たであろう若者まで実に様々な年齢層で、しかもアタマに”神風”のハチマキをした日本人まで映ってるではないか!?長年のファンにとっては感慨深い瞬間を一緒に...という思いで一杯なんだろうな。実に羨ましい限りだ。

知っての通り、残念ながらビル・ワードはツアー不参加でこのラストライブにも姿を現さなかった。まあ、他の3人に言い掛かりをつけてるくらいだから当然なんだろうけど、やっぱこの4人でこそという人も多いのだから最後だけでも出てくれば良かったのにとは思う。まあ、今の本人がどれだけドラムを叩けるのかは分からないけど...

メンバー3人の調子も良かったみたいで、年齢を考えるとオジーなんかよく声が出てると思うしトニーやギーザーの演奏も気合入りまくりで素晴らしい事この上ない。ドラマーのトミー・クルトフェスも実に良い仕事をしていて有終の美に華を添えている。
ライブ自体は淡々と進んで最後まで殆どギミックらしいギミックはなし(バックスクリーンと炎が上がるくらい)、メンバーも余り動かないから正に音楽だけで勝負している。まあサバスの様なバンドはギミックなんていらないし、そういうモノを取り入れるなら1曲でも多く聴きたいと思うファンは多いハズだろうな。

選曲もオジー期の楽曲で如何にもベスト的な内容になっているけど、まだまだ聴きたい曲が多いのもこのバンドの贅沢な悩みで、私的には以前から言ってる「HOLE IN THE SKY」とか「SYMPTON OF THE UNIVERSE」「SPIRAL ARCHITECT」が入ってれば最高なんだけど、それでもメドレー形式とはいえ「SABBATH BLOODY SABBATH」や「MEGALOMANIA」が入ってたのは良かった。あと「AFTER FOREVER」が入ってるのには驚いたな。もう演らないと思ってたんで。

本編ライブで演奏されなかった「THE WIZARD」「WICKED WORLD」「SWEET LEAF」「TOMORROW'S DREAM」「CHANGES」の5曲がスタジオセッションとして追加で収録されているけど、最後の「CHANGES」をオリジナルメンバー3人でほのぼのとプレイする姿は何故か胸を打つ。あんだけ破天荒な事をやり続けた人達(って、殆どオジーだけど/苦笑)が地味に静かな曲をプレイしてるシーンは本当の最後を見せつけられている感覚で、実に良い幕の引き方だなと思った。

オジーはこの後、自身のワールドツアーを最後にすると公言してるし、いよいよこの人達も見収めとなると実に寂しい気分。先日のマルコム・ヤングみたいにバンドが存続してる中で逝去してしまうのも悲しくなるけど、まだまだメンバーが動けるウチに自ら終止符を打った事はまだ救われるかと。アイオミさんには、ライブは無理でも音楽活動だけは続けて欲しいと切に願うばかりだ。


「WAR PIGS」


「CHILDREN OF THE GRAVE」




新譜情報を得るべくネット上をウロウロしてたら、久々にMSGの新作が出るみたいですね。しかも過去に在籍したボーカリストを全員呼んでるという、正にバンドの集大成みたいな感覚で。昔はこういうスタイルだと絶対にエゴの問題とかで殴り合いとか普通にありそうだけど、そこはもう皆さん大人なんで(というか老人の域だけど)そういう問題も殆ど無いんでしょう。どちらかというとシェンカー自身が一番問題ある人なんで、そのテの問題はボーカル同士で支え合ってるとしか思えないし(苦笑)。
まあ、今の時代にどれだけのモノが出来るかは全く分からないけど、そんなシェンカーさんを久しぶりに聴こうと思って、今日はライブ盤「ROCK WILL NEVER DIE」をチョイス。発表は1984年。

今でこそ曲数の増えたリマスター盤がリリースされているけど、私が持ってるのは写真でも出てる様に5枚組廉価盤の9曲入りのヤツ。ただリマスターはされているけど、元々そんなに良い音じゃなかったから余りピンと来ないですね。如何にも当時の音質だし。
人によってはこのライブ盤よりも、それ以前に出た「ONE NIGHT AT BUDOKAN」(邦題:飛翔伝説)の方が良いという人も多いと思う。何せコージー・パウエルが叩いてるし、結構修正されて(特にゲイリー・バーデンのボーカルが/笑)聴き易くなってるのもポイントだし。
しかし、ライブの臨場感が伝わってくるのはこのアルバムの方が上かと。単にシェンカー本人は全く知らなかったらしく、勝手に製作されたモノなので本人は気に入ってない作品らしいし。そんな経緯なので丁寧な手直し感はなく、ゲイリー・バーデンのハラハラドキドキたっぷりのボーカルが楽しめる(笑)。

ゲイリー・バーデンって人はホントに面白い存在だったなと改めて思った。ルックスが良い訳でもなく(ステージ衣装...ってモンじゃないけど)ダサいスタイルでフロントに立って、それでいて本業の方も結構綱渡り的なモノというのはどーなんだろうか?決して下手ではないと思うんですよ(って懐疑的だけど/爆)。ただ、こうして手直し無しのライブ聴いてると...例えば「ATTACK OF THE MAD AXEMAN」の中間のファルセットなんか色んな意味で悲しくなってくるし(笑)悲しさ通り越して自然と笑みがこぼれてしまうというか。”味のある”という表現が一番ぴったりな表現かと...まあ、味にも甘いとか苦いとか色々ありますからね(爆)。ある意味、主役のシェンカーを喰ってるのも凄い存在感かと。
で、最後の「DOCTOR DOCTOR」で蠍団のクラウス・マイネに全部持っていかれるというのは余りに残酷的な流れで(笑)かなり悪意のある編集なんじゃないかと...

で、主役の(笑)シェンカーのプレイは申し分なし。相変わらずのプレイは流石の一言。ただ、ドラムのテッド・マッケンナのプレイが結構危なっかしく、ドタバタしてる印象が強いのが残念。スタジオワークで本領を発揮する人らしいし、ロリー・ギャラガーやGフォースではそんなに酷いプレイはしてなかったのに意外だったな。まあ、コージーの後釜って事でプレッシャーがあったのかな?
しかし、そうした印象でも意外とこのライブ盤は好きで、修正されて綺麗にまとまってるモノもその瞬間を捉えたモノとすればラフな感覚があっても良いんじゃないかと。ミストーン連発とかだとさすがに聴き辛いけど、別にそういう訳でもないし。

単品リマスター盤に追加された楽曲は中には「ROCK YOU TO THE GROUND」や「CRY FOR THE NATIONS」も入ってるらしいので、新たにCD買っても良いかな。ゲイリー・バーデンの勇姿を見る為に映像の方でも良いかも(笑)。


「CAPTAIN NEMO」


「I'M GONNA MAKE YOU MINE」